" >

" > 7pay(セブンペイ)が9/30に終了。問題をわかりやすく解説! | | 仕事とプライベートのある生活
キャッシュレス

7pay(セブンペイ)が9/30に終了。問題をわかりやすく解説!

 セブン&アイ・ホールディングスは子会社のセブンペイが運営するスマホ決済サービス「7pay」を2019年9月30日をもって廃止すると発表しました。

 コンビニ系のスマホ決済サービスはこの1年で急激に発達してきた印象ですが、この7payはわずか3か月で幕を下ろすことになりました。

 なぜこの様な事態になってしまったのか、わかりやすく解説しようと思います。

【7pay(セブンペイ)とは?】

 7payとは、コンビニ大手セブンイレブンの公式アプリである「セブンイレブンアプリ」と連動したスマホ決済サービスです。

 ここ1年でスマホ決済サービスは急速に発展しています。ソフトバンク系のスマホ決済で、100億円キャンペーンが記憶に新しい「PayPay(ペイペイ)」や、ドコモ系列「d払い」等、馴染みのある企業がスマホ決済に手を出してきていますね。

 7payも同じくコンビニ系アプリである「ファミペイ」と同じ今年7/1にサービスを開始しました。

 セブンイレブンはコンビニ業界では、セブン銀行やプリペイド機能を持つ「nanacoカード」等、決済のデジタル化については先頭を走っている印象でした。

【具体的な不具合】

 では具体的に何が起きたのでしょうか?具体的な不具合事例としては、チャージ機能について「チャージしたはずの残高が0円になっていた」「クーポンの履歴が消えてしまった」というもの

 チャージしていざ会計時に使おうとしても使えない、またそれが復旧しない、といった不具合が相次ぎ発生し、ユーザーに不信感を与える事態となりました。

 ヘビーユーザーともなれば1回で数万円チャージするユーザーもいるため、突然残高が0円となって焦った方も多いと思われます。

【問題はセキュリティの脆弱性】

 なぜそんなことが起きてしまったのか?原因はセキュリティの甘さにあると言われていますが、真因は「わからない」とのこと。

 セキュリティの甘さというのは、2ファクター認証(ダブルセキュリティ)を織り込まなかった等、セキュリティ体制のずさんさが浮き彫りになってきてます。

 それは確かに甘いと言わざるを得ないですが、真因は解明中という所が甘いですし怖さがあります。

【10月の増税に間に合わそうとしていた?】

 増税による消費の停滞を防ぐ施策の一環として、クレジットカード、スマホ決済等のキャッシュレス決済した場合は、支払額の最大5%が還元されるというものがあります。

 増税率は2%ですから、3%は得をすることになります。増税する意味ある?と思いますが、これはあくまで一時的な処置です。ですが一時的なものであれ、最大3%も得をするわけですから導入しないと、そもそも物を買ってくれないという事態になります。

 このことからコンビニ系に限らず各小売り企業は、キャッシュレス決済のシステムを導入している訳です。7payのセキュリティ管理の甘さは増税にシステム導入を間に合わせる「焦り」があったと推測せざるを得ないですね。

【2020年1月時点で25万人(7000万円相当)が払い戻しせず】

 わずか3か月で幕を下ろし、払い戻しを順次受け付けているセブンペイですが、2020年1月9日現在でなんど25万人(7000万円相当)が払い戻し手続きが完了していないとのこと。

 払い戻し期限は1/10までですが、11日以降も本人確認ができれば、払い戻しを実施するとのこと。まだ払い戻し手続きを完了されていない方は忘れずに。

 いかがでしたか?10月の増税開始に向けて様々な企業が、キャッシュレス決済を導入しています。

 私自身も普段の生活の中でキャッシュレス決済を頻繁に利用します(現金を使う機会がほとんどない程)。

 会計もスムーズですし、極端な話財布を持ち歩く必要がなるためメリットは大きいです。

 ですがこの様に新しいシステムが導入される時は、この様な不具合が付き物です。安全性についてはしばらく様子を見た方が無難と言えるでしょう。

 その他キャッシュレスについてはこちらも参照ください。

https://shigotonokokoroe.com/cashless/how-to-use-smart-phone-payment/

 最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。