マツダCX-30のサイズや価格は?気になる内装やカラーについて

クルマのこと

 マツダはCX-30の国内投入を正式に発表しました。CX-30はコンパクトSUVのCX-3とミドルSUVのCX-5の中間に位置するサイズ感です。

 しかし、なぜ「CX-4」では無いのでしょうか?今乗りに乗っているマツダのSUV事情も踏まえて、ここではCX-30の特徴についてご紹介します。

【こんな方におすすめ】

・CX-30ってどんなクルマ?

・SUVは好きだけど、CX-5だと大きいと感じる方

・かと言ってCX-3だと居住性や迫力に物足りなさを感じる方

【マツダのSUV事情】

 マツダと言えば、ひと昔前までは、エクステリア、インテリア共に特に特徴が無く、正直あまり惹かれる要素がありませんでしたが、ここ3年くらいはエクステリア、インテリア共に欧州テイストのデザインになってきており、質感がかなり高く、すっかり人気のブランドに成長しましたね。

 特に人気が高いのがSUVカテゴリーで、コンパクトのCX-3、ミドルサイズのCX-5、7人乗り仕様のラージタイプのCX-8とラインナップがかなり豊富です。

 また、マツダはSUVカテゴリーにかなり自信を持っており、MPVやプレマシーなどのミニバンラインナップを廃止するなど、かなり大胆な決断をしています。

【CX-3とCX-5について】

 その得意分野であるSUVバリエーションがCX-30の投入で更に厚くなります。ここでは改めてCX-3と5の特徴を振り返ります。

CX-3

 デミオと共通仕様を多く持ったコンパクトSUVです。取り回しがかなり良く、それなりに積載性もあるため人気のモデルです。ヤングファミリーやお年寄りの方まで馴染みやすいSUVです。

 競合は国産だとトヨタCH-R、ホンダVEZEL、日産JUKEで、激戦区です。

MAZDA CX-3|クロスオーバー SUV|マツダ
こだわり抜いたのは、「人馬一体」。走り出した瞬間、クルマとひとつになって都市空間を自在に駆け、どこまでも走っていきたくなる。クロスオーバー SUV「マツダ CX-3」で未体験の楽しさが湧き上がります。

CX-5

 マツダの基幹車種です。街で見ないことが無い程売れている車種ですね。ミドルクラスと言いながら存在感があり、価格も他社の同カテゴリーの中でも抑えられており、手に届き易い一台です。

 競合は国産だとトヨタハリアー、ホンダCR-V、日産エクストレイルで、こちらも激戦区ですね。

MAZDA CX-5|クロスオーバー SUV|マツダ
クリーンなディーゼルの力強さをはじめとした個性豊かなエンジンにより、これまで以上に深い「走る歓び」を乗る人すべてにお届けするクロスオーバーSUV「マツダ CX-5」。新たに特別仕様車「Silk Beige Selection」とアクセサリーパッケージ「TOUGH-SPORT STYLE」が新登場。

【CX-30はCX-3と5の中間カテゴリー】

 今回発表されたCX-30はCX-3の取り回しのし易さと、CX-5の大胆さと力強さを兼ね備えた車と言えます。

 ちなみにCX-4とならなかった理由は、既にCX-4がラインナップに存在するためです。CX-4は中国仕向けの、車高の低いSUVクーペタイプの車です。

【室内空間の居住性はCX-5並みの広さ!】

 室内空間はかなり広く確保されています。実際全席の乗車間間隔はCX-5と同等レベルを確保。幅広センターアームレストとドアアームレストを備え、着座時の快適性を高めています。後席についても、

 CX-3だと後席に大柄な方が座ると、全席シートと足との間隔がほとんど無く、どうしても窮屈な姿勢になります。これは、他社にも言えることですけどね。

 ですが、CX-30はここが改善され、頭上のスペースも大柄な方でもゆとりを持って乗車できるパッケージに仕上げてきています。

 ラゲージスペースについては、430Lの積載空間と1020mm開口幅を確保し、ベビーカーやスーツケースなどの積み込みが楽になります。リアゲートの地上高も731mmに設定し、荷物の積み降ろしを考えた設計になっています。

【新採用SKYACTIV-Xの特徴は圧倒的な燃費向上】

  パワートレインは3種類で、従来の「SKYACTIV-G 2.0」「SKYACTIV-D1.8」に加え、マツダオリジナルの点火方式を採用した新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X 2.0」をラインナップに加えました。このSKYACTIV-Xの独自の点火方式は「SPCCI;火花点火制御圧縮着火」と呼ばれ、マツダが世界で初めて実用化に漕ぎつけました。

 この技術の凄さは、従来のガソリン車に対して圧倒的な燃費向上と排ガスの浄化能力にあります。特にユーザーに分かりやすい燃費でいくと、従来のガソリン車比較で2割程度燃費が良くなります。例えばデミオの例を挙げると、1.3Lガソリンモデルで19~19.8[km/L](WLTCモード)ですが、SKYACTIV-X採用で22.8~24[km/L]程度と、ハイブリッド車並みの燃費を達成することになります。

【安全機能も充実】

 安全面ではマツダの安全装置である「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ プロアクティブ セーフティ)」を採用しました。これは、危機の未然回避という考え方で、ドライバーの脇見や居眠りを検知して警告するという優れものです。うかつに脇見が出来なくなりますね 笑。その他高速道路での巡行時に重宝する追従走行機能やステアリング操作支援なども備わっています。

 いかがでしたか?CX-30はSUVに力を入れるマツダにとって、新技術SKYACTIV-Xを採用するなど、本気の1台となりそうです。早くディーラーで見てみたい1台ですね。気になる方は、一度ディーラーへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

MAZDA CX-30|新世代クロスオーバー SUV|マツダ
新世代クロスオーバー SUV「CX-30」の車種情報。CX-30の特長をはじめ、グレードや価格情報、CX-30に込めたマツダのこだわりなどを、ご覧いただけます。
タイトルとURLをコピーしました