マツダSUVのCX-3の価格と特徴は?MAZDA2の兄弟車

クルマのこと

 コンパクトSUVのマツダCX-3。トヨタCH-Rやホンダヴェゼルなど激戦のコンパクトSUV市場において奮闘していますよね。

 このCX-3はマツダの看板車種とも言えるSUVで、外観、内装ともにかなり力をいれている車です。そんなCX-3について、おすすめのグレードや装備についてご紹介しようと思います。

※画像はマツダHPより引用

【マツダのSUV事情】

出典:マツダHP CX-30

 マツダと言えば、ひと昔前までは、エクステリア、インテリア共に特に特徴が無く、正直あまり惹かれる要素がありませんでしたが、ここ3年くらいはエクステリア、インテリア共に欧州テイストのデザインになってきており、質感がかなり高く、すっかり人気のブランドに成長しましたね。

 特に人気が高いのがSUVカテゴリーで、コンパクトのCX-3、ミドルサイズのCX-30、CX-5、7人乗り仕様のラージタイプのCX-8とラインナップがかなり豊富です。

 また、マツダはSUVカテゴリーにかなり自信を持っており、MPVやプレマシーなどのミニバンラインナップを廃止するなど、かなり大胆な決断をしています。

【マツダCX-3の各グレードと特徴】

出典:マツダHP

 2020年4月から廉価版である15Sシリーズが追加され、割高と言われたCX-3でしたが200万円以下で購入が可能となりました。パワートレインのバリエーションは以下の通り。

グレードエンジン価格
15S(2WD)1.5 直4 DOHC¥1,892,000
15S(4WD)1.5 直4 DOHC¥2,122,200
15S Touring(2WD)1.5 直4 DOHC¥1,991,000
15S Touring(4WD)1.5 直4 DOHC¥2,221,200
20S PROACTIVE S Package(2WD)2.0 直4 DOHC¥2,475,000
20S PROACTIVE S Package(4WD)2.0 直4 DOHC¥2,705,186
20S Exclusive Mods(2WD)2.0 直4 DOHC¥2,646,600
20S Exclusive Mods(4WD)2.0 直4 DOHC¥2,876,786
20S 100周年特別記念車(2WD)2.0 直4 DOHC¥2,910,600
20S 100周年特別記念車(4WD)2.0 直4 DOHC¥3,140,800
XD(2WD)1.8 直4 DOHC ディーゼル¥2,481,600
XD(4WD)1.8 直4 DOHC ディーゼル¥2,711,786
XD PROACTIVE S Package(2WD)1.8 直4 DOHC ディーゼル¥2,778,600
XD PROACTIVE S Package(4WD)1.8 直4 DOHC ディーゼル¥3,008,786
XD Exclusive Mods(2WD)1.8 直4 DOHC ディーゼル¥2,921,600
XD Exclusive Mods(4WD)1.8 直4 DOHC ディーゼル¥3,151,786
XD 100周年特別記念車(2WD)1.8 直4 DOHC ディーゼル¥3,185,600
XD 100周年特別記念車(4WD)1.8 直4 DOHC ディーゼル¥3,415,800

 CX-3のパワートレインはガソリンモデルとディーゼルモデル2種類で、ガソリンモデルは1.5L、2L、ディーゼルモデルは1.8Lとなります。

 それぞれグレードを見ていきましょう。

ガソリンモデル

15S

 CX-3のエントリーグレードです。

15S Touring

  • 360°ビュー・モニター
  • フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)
  • ステアリング本革巻き
  • シフトノブ本革巻き
  • シート材質:クロス ブラック(グレーステッチ)
  • 【標準】フルオートエアコン
  • 7スピーカー
  • BOSEサウンドシステム
  • 【標準】アドバンストキーレスエントリーシステム

20S PROACTIVE S Package

  • 【おすすめ!】【標準】スマート・ブレーキ・サポート(SBS)&マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)*全車速追従機能付
  • 【標準】アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
  • 【標準】ドライバー・アテンション・アラート(DAA)
  • 【標準】交通標識認識システム(TSR)
  • 【標準】フロントフォグランプ(LED)
  • 【標準】アクティブ・ドライビング・ディスプレイ(カラー)
  • 【標準】ステアリング シフトスイッチ
  • 【標準】ステアリングヒータ
  • シート材質:ナッパレザー ディープレッド(ピュアホワイトパイピング)
  • 【標準】フロントシート運転席パワーシート
  • 【おすすめ!】【標準】フロントシートヒーター
  • i-ELOOP
  • 【標準】18インチタイヤ

20S Exclusive Mods

  • 【標準】スーパーUVカットガラス(フロントドア)
  • 【標準】IRカットガラス(フロントガラス/フロントドア)

20S 100周年特別記念車

  • 【標準】360°ビュー・モニター
  • 【標準】フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)
  • 【おすすめ!】シート材質:スムースレザー レッド
  • 【標準】CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)
  • 【標準】7スピーカー
  • 【標準】BOSEサウンドシステム

ディーゼルモデル

 ディーゼルモデルはガソリンモデルと比較して、燃費が良くなる傾向にあります。また、MAZDAが特に力を入れている分野ですので価格設定もやや強気ですね。ガソリンモデルの同一グレードで比較しても30万円ほどディーゼルが高くなります。

 以下各グレードの仕様差はガソリンモデルの同グレードとの比較です。

XD

15S Touringに対してナチュラル・サウンド・スムーザー追加。

 このナチュラル・サウンド・スムーザーはディーゼル仕様特有の部品で、SKYACTIV-Dの優れた静粛性をさらに高めるためのアイテムです。

XD PROACTIVE S Package

20S PROACTIVE S Packageに対してナチュラル・サウンド・スムーザー追加。

XD Exclusive Mods

20S Exclusive Modsに対してナチュラル・サウンド・スムーザー追加。

XD 100周年特別記念車

20S 100周年特別記念車に対してナチュラル・サウンド・スムーザー追加。

内装デザインも注目の1台

引用:マツダHP CX-3

 内装のデザインと質感共に、このクラスの車としては十分なレベルに仕上がっている印象です。とくにXD 100周年特別記念車は手に触れる所にステッチやレザーがふんだんに使用されており、乗っていて気分が良いですね。コンパクトカーとは思えない質感の高さです。

【安全機能も充実】

出典;ヘッドアップコックピット マツダHP

 安全面ではマツダの安全装置である「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ プロアクティブ セーフティ)」を採用しました。これは、危機の未然回避という考え方で、ドライバーの脇見や居眠りを検知して警告するという優れものです。うかつに脇見が出来なくなりますね 笑。その他高速道路での巡行時に重宝する追従走行機能やステアリング操作支援なども備わっています。

 また、最近の車には珍しくなくなってきていますが、フロントガラスにナビ画面を投影するヘッドアップコックピットは、目線の動きを最小限に留め、ドライバーの安全運転を支援する便利な機能ですのでおススメです。

 いかがでしたか?CX-3はMAZDA2(旧デミオ)と共通プラットフォームのいわば兄弟車です。ですが内装の質感などには明確に差を付けていますね。

 CX-3について気になる方は、一度ディーラーへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました