近未来EVのトヨタ「LQ」が有機ELディスプレイを搭載!JOLEDとデンソーが共同開発

クルマのこと

 トヨタ自動車は、コンセプトEVであるLQに、JOLEDと自動車部品大手のデンソーが共同開発した、有機ELディスプレイを搭載すると発表しました。この有機ELディスプレイはどんな特徴を持つものなのでしょうか。以下解説します。

【コンセプトEV「LQ」とは?】

 LQとは、トヨタ自動車が製造予定のコンセプト電気自動車です。一般販売予定は無く、2020年の東京オリンピックで本格登場予定で、主にマラソンの先導、聖火リレーの隊列などの役目を予定しています。一般の方でも試乗する機会があり、大会期間中はお台場のMEGA WEBで試乗することが出来る予定とのことです。

 LQについてはこちらの記事でもご紹介しています。

【共同開発の有機ELディスプレイの凄さ】

 今回開発された有機ELディスプレイは、JOLEDとデンソーの共同開発によるものです。

JOLED

 東京都千代田区に本社を置く有機ELディスプレイメーカーです。設立が2015年と新しい会社で、ソニーとパナソニックの有機EL開発部門が統合されて誕生しました。

デンソー

 愛知県刈谷市に本社を置くトヨタ系列の自動車部品メーカーです。設立は1950年と歴史は古く、2018年の年間売上高は5兆円を超える大手です。

 上記2社による共同開発により、従来のディスプレイと比較して、薄型・軽量化、形状の加工自由度が大幅にUPし、LQに要求される高い意匠性を実現しました。

 以下のリンク先で実物が見れます。

T7GI2819
画像ファイル: T7GI2819

 いかがでしたか?LQは市販されない所が残念ですが、これを足掛かりに市販車に今後この技術が織り込まれていくことが予想されます。今後の有機ELディスプレイに注目しましょう。

タイトルとURLをコピーしました