電気自動車の開発で遅れを取るトヨタ。中国BYDやその他電気自動車メーカーに勝てるか?

クルマのこと

 グローバルに見ると、成長著しい中国市場を中心に自動車の電動化が加速しています。国産車でも日産が航続距離400km走るリーフを投入したり、各社来る電動化の時代に備えて凌ぎを削っています。

 HV(ハイブリッド)やFCV(燃料電池車)で勝負しようとしていたトヨタはEV開発では他社に対して遅れを取っていましたが、中国市場の急成長を目の当たりにして、ようやく重い腰を上げてEV開発に本腰を入れてきています。

【エコカーニーズの高まり】

 クリーンエネルギーに対する関心が高まり、エコカーのニーズは世界中で高まっています。欧州・北米では排ガス規制がかなり厳しくなり、排ガスをもくもく出す車はそもそも販売することすら出来ない時代になってきております。

 それは中国も同じで、慢性的に大気汚染が問題となっている上海を中心として、都市部ではガソリン車に対して高額なペナルティを科す政策(販売する側も購入する側も)も政府としては打ち出しています。

【中国の動き】

 そんな中自動車の生産という観点ではそこまで高い技術力を持っていなかった中国にとって、高い技術力を要するFCVやPHV(プラグインハイブリッド)ではなく、モータとバッテリーさえあれば車が作れるEVに目を付け、国家としても中国市場において年間3万台以上を販売するカーメーカに対して、NEV(New Energy Vehicle)規制を設定しました。

 これは「中国で販売する台数の一定割合以上をEVやPHVなどのエコカーにしなさい。さもないとペナルティを科します」という規制です。よって中国市場で車を販売するためには、魅力的なEVを投入する必要があるということを意味します。

 中国政府としてもトヨタがEVが弱い、且つ自国のカーメーカに技術的に参入しやすいEV開発を促進し、自国の自動車産業を活性化させる狙いが見て取れます。トヨタは中国で勝負するには前倒ししてでもEV開発をせざるを得なくなった訳ですね。現に上海モーターショーで紹介されるBYD含めた地場メーカの車は正直かっこいい車が多いです。ひと昔前まで中国が車を作るイメージは正直無かったですが、こんな車を作れるのか!と正直驚きました。

【トヨタ地場メーカと手を組む】

 記事中にもありますが、トヨタは中国最大手であるBYDと業務提携する運びとなりました。中国では圧倒的なシェアを誇るBYDはEVの命である車載用バッテリーを囲い込んでいます。車載用バッテリーは製造できるメーカはそう多くはなく、トヨタとしても車載用バッテリーを多く囲い込んでいるBYDと提携せざるを得なかったと見られます。

 これだけだとBYD側にメリットがあるようには見えません。BYD側に何か思惑があるのかもしれませんが、これを機に国産メーカの中国への技術流出は避けて欲しいものです。

【FCVを諦めた訳では無い】

 本腰をいれていたFCV開発は一時中断といった所でしょうか。しかし、今後エコカーのニーズは更に世界で高まっていくため、並行して開発は進めるものと思われます。FCVは水素を燃料とした車で、排出されるのは水のみという究極のエコカーです。水素ステーションの全国普及など、インフラ面での課題が大きいですが、少しずつ水素ステーションも増えてきましたね。(本当に少しずつですが。。)

 中国市場では地場メーカだけではなくフォルクスワーゲンなどの欧州メーカもライバルです。国産メーカにはぜひ頑張って欲しいものです。最後まで読んで頂いてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました