新東名でトラックが隊列運転?トラックもついに自動運転の時代に突入!

クルマのこと

 昨今お年寄りの方によるアクセルとブレーキの踏み間違いによる痛ましい事故を、日本各地で耳にする様になりました。この背景には、車以外の交通手段が無く生活レベルを大きく落としてしまう等のインフラ面での要因や、自分自身の体の衰えを認めない意識的な要因等、免許返納に至らない要因が複合的に関連していると推測されます。

 これらのことを防止するためには、本人が生活レベルを大きく変える決断をして、車に乗らないことが一番の対策になるでしょう。しかしそれだけではなく、車に安全装置(SUBARUアイサイト等)を装備したり、自動運転技術を確立しようと、カーメーカの開発競争も激しさを増してきています。

 そんな中、自動運転化のニーズはこんな所にもあるという面白い事例がありますのでご紹介します。

【トラック自動運転による隊列走行】

 今話題となっているのは、高速道路において先頭のトラックは人間が運転し、その後続となるトラックは無人運転(自動運転)とするものです。後続車に必要な技術は、自動追尾、車線走行維持、衝突回避システム、等既存技術の組み合わせになるため、現実味があります。いずれもこれらのシステムが搭載された車は世に出てますよね。

 例えばトヨタ車であれば、自動追尾⇒レーダークルーズコントロール、車線走行維持⇒レーンデパーチャーアラート、衝突回避システム⇒プリクラッシュセーフティシステム、が該当します。

【トラック自動運転のニーズ】

 お年寄りではなくなくなぜ?と思う方もいると思いますが、運送業界はとにかく時間との勝負の世界。ある目的地目掛けてタイトな日程で走り続ける必要があります。それゆえベストコンディションで走ることも中々難しい中で、事故、延着は絶対許されない業界です。

 Amazonで1クリックですぐ来てくれるドライバーの方々は、納期を守るべく毎日命がけで配送している訳です。この様にサービスの改善による利便性の向上は一生懸命走っているトラックドライバーにしわ寄せが行く構図になっています。

 国の血液とも呼ばれる物流。そんな過酷な労働環境であるからこそ、トラックの無人運転には大きなニーズがあります。

【今後の動向】

 この取り組みが実現すれば、記事中に書かれている省エネ&ドライバー不足解消だけでなく、物流時の交通事故の削減、物流効率の改善等、物流面ではメリットが多々あります。

 半面こういったインフラ絡みの話は影響が大きいため中々すぐに実用化というのは難しいですよね。ですが、今回は国の戦略の一つであり、実際の計画日程も発表されていることから、今後の動きに注目したいニュースですね。

 実用化目標が22年とのことで、3年後には高速道路でトラックが走行車線を隊列走行している光景が見れるかもしれませんね。そしてトラックだけではなく、乗用車も自動運転の実証実験が始まっています。

【自動運転はすでにここまで来ている!】

 ベンツやBMWは既にある程度の距離を走行可能な自動運転車も作っており、市街地での実証実験も完了しており、自動運転の普及はついそこまで来ている印象です。今後インフラと協調した自動運転化の加速が見込まれるため、今後の動向に注目です。

 国産メーカーでは日産が一歩リードと言った所でしょうか?この分野は今後トレンドとなることが予測され、各メーカーが力を入れてくるものと思われます。

 自動運転については、以下の記事も参照ください。

 最後まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました