Apple Watch3でのApple Payの使い方は?仕組みや設定方法などを徹底解説!

生活のこと

 Suicaやクレジットカードを一まとめにできるApple Pay(アップルペイ)。コンビニでの買い物や、電車・バスに乗る際にiPhone一つで決済が出来てしまう利便性の高さから、利用されている方も多いのではないでしょうか。

 そんなApple PayもApple Watchで利用することで、iPhoneを出す手間も省けたり、ジョギングなどのトレーニング時にスマホレスで買い物ができたりと、普段の生活をより便利なものに変えることができます。

 この記事では、Apple PayをApple Watchで利用するメリットや導入方法についてご紹介します。

【Apple Payとは?】

 Apple Payとは、アメリカのIT大手Appleが運営する電子マネー、非接触型決済サービスです。

 日本では2016年10月からサービスが開始されました。ユーザーが所有するApple製モバイル端末にクレジットカードなどのカードを登録し、店舗などでかざすだけで決済が可能です。

 日本国内ではApple Payは交通系電子マネー「Suica」と、クレジットカード付帯の「iD」「QUICPay」の3つをまとめられるサービスを指します

Suica、iD、QUICPayについてはこちらも参照ください。

Suica

iD

QUICPay

【Apple PayをApple Watchで利用するメリット】

 冒頭でも少しご紹介しましたが、Apple WatchでApple Payが使えると以下の様なメリットがあります。

Suicaだとかざすだけで決済可能

 Suicaのエクスプレスカードに設定すれば、操作不要でリーダーにApple Watchをかざすだけで決済が可能です。Apple WatchでApple Payを利用する上での最大のメリットではないでしょうか。

 SuicaとApple Watchの組合せについては、こちらの記事も参照ください。

Apple Watchのみで決済が可能

Apple Watchは基本的にはiPhoneとペアリングされていることが前提ですが、決済に限って言えばiPhoneが手元に無くても決済可能です。

 例えばジョギングやウォーキング時は極力身軽にしたいですよね。途中でコンビニで飲み物を買いたい時に、Apple Watchがあれば買うことができます。

 但し、Suicaや一部のiDなどチャージが必要なプリペイドタイプは、Apple Watch単独ではチャージできないため、残高に注意しましょう。

【Apple PayをApple Watchで使う(設定)】

 Apple WatchでApple Payを利用するための手順としては、

①iPhoneの標準機能である「Walletアプリ」でSuicaやクレジットカードを登録

②iPhoneの「Watchアプリ」でApple Watchの利用設定

③Apple Watchの「Walletアプリ」で利用

となります。順に説明していきます。

iPhoneでWalletアプリに登録

 まずiPhoneの「Walletアプリ」でApple Payの利用登録をします。

Walletアプリをタップすると以下の様な画面になります。

 私の場合、Suica、ANAカード(iD)、dカード(iD)を登録しています。

iPhoneでWatchアプリでwatch上の支払いカードに登録

  Walletアプリで登録できたら、次にiPhoneのWatchアプリをタップし、Apple Watchに転送する決済方法を選択します。

 Watchアプリをタップすると以下の様な画面になります。「WalletとApple Pay」をタップします。

 ここではSuicaをApple Watchで利用できる様にしてみましょう。「IPHONE上のほかのカード」のSuicaの右の「追加」をタップします。

 カードを転送するかどうか聞かれるため、右上の「次へ」をタップします。

 すると以下の様に「WATCH上の支払い用カード」にSuicaが追加されました。ちなみに以下の赤枠で囲ってある部分でエクスプレスカード設定をONにすれば、Suicaはかざすだけで決済が可能になります。

 ここで注意したいことは、iPhoneとApple Watchで同時に同じ決済方法を使うことはできません

 例えばSuicaをApple Watchに転送したら、そのSuicaをiPhoneでは使えません。

 Apple WatchとiPhoneの両方で同時にSuicaを利用したい場合、Apple WatchとiPhone間の移動が面倒!という方、別々のSuicaを登録&利用する様にしましょう。

Apple WatchのWalletアプリで利用

  ここで初めてApple Watchの出番です。Apple Watchで Walletアプリを開きちゃんと転送されていることを確認します。

 Apple Watchで「Walletアプリ」をタップします。

 ここにSuicaが表示されればOKです。

 これでApple WatchでApple Payが使える準備が整いました。

【Apple PayをApple Watchで使う(実践)】

 利用設定が終わったらApple Watchを身に着けて決済してみましょう。

サイドボタンをWクリック

 Apple Watchを腕に着けたままでサイドボタンをWクリックします。

 以下の様な画面が出れば後はリーダーにかざすだけです。

 iDとQUICPayも同様の手順です。繰り返しになりますが、Suicaはダブルクリック無しで、そのままかざすだけで利用可能です。

【最後に】

 いかがでしたか?Apple WatchでApple Payが使える様になれば、生活の様々なシーンで選択肢が拡がり、豊かなものになります。何より腕時計で買い物をするという感覚が新鮮で、手放せなくなります。

 2019年1月現在Apple Watch5が最新モデルですが、正直コスパを考えるとApple Watch3で機能的に十分だと思います。

Apple Watch3(GPSモデル)38mmタイプ

Apple Watch3(GPSモデル)42mmタイプ

タイトルとURLをコピーしました