" >

" > Amazonクラウドサービスの障害!一時PayPayなどの支払いに影響 | | 仕事とプライベートのある生活
キャッシュレス

Amazonクラウドサービスの障害!一時PayPayなどの支払いに影響

 8月23日の13時14分頃、Amazonの日本拠点において、クラウドサービス「AWS; Amazon Web Service」の大規模なシステム障害が発生しました。これによりAWSを利用するPayPayなどのスマホ決済サービスで、支払いや残高へのチャージなどの機能が利用できないなどの不具合が生じ、様々なサービスに影響が出ています。尚、同じ23日の22時には復旧したとのこと。ここでは、今回のAWSの不具合の要因と今後の展望について解説します。

【AWSとは?】

 AWSとはAmazon Web Service(アマゾン・ウェブ・サービス)の略で、インターネット事業を展開する多くの企業が利用するデータセンターのこと。クラウドサービスの一つで、利用する側のメリットとしては、自前のサーバーを持ち必要が無いことにあります。AWSはクラウドサービスにおける世界最大手で、日本国内においても、あのマイクロソフトを差し置いてトップシェアを誇っています。この不具合による影響としては、先に挙げたPayPayの他にドコモ系のdTVやユニクロなどにも影響が出ています。PayPayについてはこちらも参照ください。

https://shigotonokokoroe.com/cashless/paypay-of-topic-now/

【原因はサーバーの冷却装置の不具合】

 Amazonによると、今回の不具合の原因は、サーバーの冷却装置の不具合によりオーバーヒートし、システムダウンしたこと。全ての不具合は本日22時に普及したとのことで、半日近く時間を要したことになります。

【今後はどうなるの?】

 ひとまず復旧したことは良かったですが、電子マネーやスマホ決済などの脆弱性を露呈した形になりましたね。この様に通信系統に不具合が出ると何もできなくなる点は、今後の大きな課題と言えそうです。近年日本国内で今年の10月に控える消費増税を前にして、スマホ決済などのキャッシュレス化が急速に進んでいる中、この様な通信系のインフラの整備がついて来れるか導入を検討する方は、しばらく様子を見た方が良さそうです。

 いかがでしたか?キャッシュレス化が進んで、電子マネーやスマホ決済は私生活でも大活躍ですよね。私も決済のほとんどをキャッシュレス化しており、財布を開けるシーンがほとんど無くなりました。ですが、今後完全にキャッシュレス決済の弱点とも言えるネットワークの安全性が担保されるまでは、リスク管理として現金をある程度持ち歩いていた方が良さそうです。