10月1日からのキャッシュレス決済ポイント還元策!5%還元の対象は?

キャッシュレス

 10月1日からの消費増税を前に、キャッシュレス決済に対応する店舗が続々と増加しています。これは経済産業省が増税による一時的な消費の落ち込みの抑制と、キャッシュレス決済の普及を目的として推し進める政策です。

 キャッシュレス決済により最大5%分のポイント還元が受けられるというものですが、この5%のポイント還元の対象店舗はどこなのか気になりませんか?この記事では5%ポイント還元が受けられる店舗についてご紹介します。

【こんな方におすすめ】

・キャッシュレス決済還元による増税対策をしたい方

・具体的に5%還元がどこで受けられるか気になる方

【そもそもキャッシュレス決済とは?】

 キャッシュレス決済とは、現金以外の方法で決済することを指します。キャッシュレス決済と聞くと、クレジットカードやプリペイドカードでの決済をイメージされる方が多いと思いますが、他にもスマホ一つで決済が可能なスマホ決済など方法は様々です。詳細は以下の記事を参照ください。

【増税によるポイント還元について】

 改めてご紹介しますが、2019年10月から消費増税が計画されており、消費税は現状の8%から10%へ引き上げられます。増税は財政難から来る施策の一つで、保育園無償化などの恩恵もあるのですが、物自体の価格が下がらない限り10月からは純粋に支出が多くなることになります。増税分収入が増えれば良いですが、そんなことありませんよね。政府は増税による一時的な消費の落ち込みを緩和することを目的として、キャッシュレス決済で決済することで、増税分をポイントとして還元する政策を施行します。この政策についてはこちらも参照ください。

【5%還元の対象店舗】

 5%ポイント還元されるのは、「資本金5000万円以下で従業員数50人以下の企業」が運営する店舗、もしくはサービスでキャッシュレス決済した場合です。この条件を満たす小売店は現在全国で200万店ありますが、まだまだ少ないのが現状です。ポイント還元対象店舗は以下の経済産業省のHPから確認できますので検索してみてください。

消費者の皆様 TOP | キャッシュレス消費者還元事業
2019年10月1日の消費税率引上げに伴う需要平準化&...

 いかがでしたか?国家ぐるみで導入されるこのキャッシュレス決済ポイント還元。せっかくポイント還元されますので是非ともその恩恵を受けたいですよね。キャッシュレス決済を普段しない方もこれを機に始めてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました