" >

" > 楽天ペイの使い方や還元率は?楽天系サービスで固めれば楽天ポイントだけでスマホ決済可能!? | | 仕事とプライベートのある生活
キャッシュレス

楽天ペイの使い方や還元率は?楽天系サービスで固めれば楽天ポイントだけでスマホ決済可能!?

 キャッシュレス決済がかなり普及してきている現代において、その決済方法もかなり増加してきています。そのため、正直どの決済方法が自分にとってメリットがあるのか分からないですよね。

 スマホのキャッシュレス決済の手段の一つであるスマホ決済には様々な特徴があり、それぞれの決済アプリに対してその数だけメリットデメリットがあります。

 今回は、楽天系スマホ決済である「楽天ペイ」について、使い方、ポイントの貯め方などをご紹介します。

【こんな方におすすめ】

・楽天市場や楽天トラベルなど楽天系サービスを普段利用する方

・楽天カードを持ているor検討している方

・楽天銀行の口座を持っている方

【楽天ペイとは?】

 楽天ペイとは、楽天株式会社が運営するスマホ決済サービスで、楽天会員に登録されたクレジットカード情報で決済が可能です。

 もちろん楽天カードを決済手段にすると楽天スーパーポイントが貯まりやすくてお得です。そして決済時に保有する楽天ポイントを使うことも可能です。

【楽天ペイのポイント還元率は?】

 楽天ペイで決済時に貯まる楽天ポイントは楽天カードを使えば1.5%(200円で3%)と、一般的なクレジットカード決済での還元率が1%であることに対して、高還元率となっています。

 還元率の内訳は以下の通りです。

楽天ペイ:0.5%

楽天カード:1%

 また、楽天スーパーポイントの貯め方についてはこちらも参照ください。

【楽天ペイの使い方は?】

 楽天ペイを使うために手順は以下の通りです。

楽天会員になる

 まず楽天会員になりましょう。楽天のホームページから会員登録が可能です。個人情報、決済時のクレジットカード情報を登録します。楽天カードを所有している方は、楽天カードを登録しましょう。

楽天ペイアプリで利用者設定をする

 楽天会員登録をすると楽天IDを入手できます。楽天ペイアプリをダウンロード後、楽天IDでログインすれば、利用者登録が完了します。楽天ペイアプリではポイントの利用状況が確認できます。

決済時はQRコードを提示する

 コンビニなどでの決済時に、楽天ペイアプリでQRコードをレジで店員さんに提示します。QRコードをスキャンしてもらい決済が完了します。

【楽天ペイ使えるお店は?】

 楽天ペイに対応した店舗であれば楽天ペイが使用可能です。以下主要な楽天ペイが使える店舗をご紹介します。

コンビニ

 ファミリーマート、ローソン系、ミニストップ

薬局

 スギ薬局、ウェルシア、ドラッグイレブン、クスリのアオキ、ツルハドラッグ

居酒屋

 魚民、白木屋、わらわら、和民、豊丸水産

家電量販店

 エディオン、K’sデンキ、ビックカメラ、コジマ、Joshin

ファッション

 アオキ、はるやま、ライトオン、メガネスーパー

 その他大概の店舗は網羅しています。詳細はこちらを参照ください。

 いかがでしたか?楽天市場や楽天トラベル等、楽天系サービスを普段利用する方であれば、楽天カードと楽天ペイはセットで利用できる様にしておくべきです。楽天カードを例えば楽天ゴールドカードにしたり、楽天銀行をカードの引き落とし元に設定すると、ポイント還元率は更に上がっていきます。

 楽天カードに関する情報はこちらの記事でも紹介していますので、併せて参考にして頂けると良いと思います。

【カローラが楽天市場で買える!?】

 トヨタと楽天市場が提携しており、トヨタ楽天市場店でカローラの購入手続きができるサービスがスタートしました。車がネットショッピングで購入できる時代が来ましたね。詳細はこちらも参照ください。