電車での利用だけじゃない!Suicaの効率的なポイントの貯め方と活用方法とは?

キャッシュレス

 通勤や通学の際に、電車やバスを利用する際に、Suicaを利用している方は多いと思います。わざわざ切符を買わなくても、電車の場合は改札機のリーダーにカードやスマホをかざすだけで運賃の支払いができるため、特に急いでいることの多い朝の通勤・通学時に非常に便利ですよね。

 そんな便利なSuicaですが、これまでは駅の改札などでチャージして使うことが多かったと思いますが、2019年10月からなんとSuicaでポイントを貯めることが出来る様になります。

 Suicaでポイントが貯まる?と思われると思いますが、電車やバスを普段と同じ様に利用することでポイントが貯まり、そのポイントをコンビニなどで決済に使うことができるようになります。

 ここでは、Suicaのポイントの貯め方と活用方法についてご紹介します。

【Suicaとは?】

 Suica(Super Urban Intelligent CArd)とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が運営するICカード乗車券のことを言います。導入は2001年からと20年近くの歴史を誇ります。

 電車やバスの乗車券としてのイメージが強いと思いますが、コンビニや駅の売店での決済に利用できるなど、電子マネーとしての機能も持っていることが特徴です。

 電子マネーとして利用する場合、あらかじめチャージが必要なプリペイド方式で、残高の範囲内で利用が可能です。

 プリペイド方式なので残高が不足すると再度チャージする必要がありますが、あらかじめ設定した残高を下回ると、自動でチャージしてくれるオートチャージ機能が付いているため、非常に便利です。

【Suicaはカードとスマホの2種類】

 Suicaはカードタイプとスマホなどのモバイルタイプの2種類が用意されております。

 カードを財布に入れておいて、駅の改札で財布をかざして使用する方が多いと思いますが、スマホでもSuicaアプリで登録しておくことで、同じくかざして利用することが出来ます。

 後述しますが、Suicaは還元率の高さと利便性から、モバイルタイプが圧倒的にお得です。どちらかで迷われている方は、間違いなくモバイルタイプをおススメします。

【SuicaはApple Watchとの組合せが最強!】

 コンビニで買い物をしたり、駅の改札を利用する際にSuicaを利用することができますが、Suicaの決済画面をApple Watchで開くことなく、かざすだけで決済が完了します。

 他のスマホ決済ではQRコードを準備したり、決済画面を開くなど1アクション必要になりますが、Apple WatchとSuicaはそのアクションすら不要です。

 この利便性の高さから、このためにApple Watchを購入する価値があると言える程、便利な機能と言えるでしょう。

【ポイント還元率は0.5%~2%】

 コンビニなどでSuicaで決済すると、決済額の0.5~1%がJREポイントとして還元されます。JREポイントは1ポイント=1円で利用することが出来ます。

 ポイントを還元させるためには「Suicaポイントクラブ」に登録しておく必要があり、Suicaで利用する際は、忘れずにSuicaにチャージする様にしましょう。

 還元率は前述のカードタイプとスマホタイプで変わってきます。

カードタイプ(0.5%)

スマホタイプ(2%)

 スマホタイプであれば50円決済ごとに1ポイント貯まりますのでかなり使えますね。

 また、このJREポイントはJREポイントのwebサイトで登録していないと貯まりませんので、忘れずに登録する様にしましょう。

 JREポイントについてはこちらも参考にしてみてください。

【Suicaでポイントを貯める方法】

 Suicaは様々なシーンで利用することが出来ますが、ここではSuicaの利用でポイントを貯める方法についてご紹介します。

電車やバスの利用

JR東日本の在来線の利用

モバイルSuica定期券の購入

電子マネー機能の利用

店舗での利用

 Suicaと提携しているコンビニやスーパーなどでチャージされた残高の範囲内で、利用することが出来ます。また、貯まったポイントを決済に充当することも可能です。

ビューカード系クレジットカードによるチャージ

 Suicaの場合現金でチャージしてもポイントは貯まりませんが、ビューカード系クレジットカードでチャージすればポイント還元が可能です。還元率はなんと1.5%もあります。 

 いかがでしたか?普段の生活でSuicaを利用している方は、JREポイントと紐付けることで日々の通勤・通学でポイントがどんどん貯まります。

 どうせ電車を利用するのであれば、Suicaをうまく利用してポイントを貯める様にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました