Apple Watchなどで使えるApple Pay(アップルペイ)の仕組みは?使い方やメリットを解説!

キャッシュレス

 最近キャッシュレス決済方法がかなり増えてきており、クレジットカード、スマホなど様々な使い方が登場していますよね。

 そんな中Apple Payという名前を聞いたことがある方も多いのでは無いでしょうか?このApple Payは使い方によってはスマホとApple Watchさえあれば普段の生活が成り立ってしまうんです。

 ここでは、そんなApple Payについてご紹介します。

【こんな方におすすめ】

・iPhoneやApple WatchなどApple製デバイスを持っている方

・Apple Payについて詳細を知りたい方

・キャッシュレス決済について興味のある方

【Apple Pay(アップルペイ)の仕組み】

 Apple Payとは、アメリカのIT大手Appleが運営する電子マネー、非接触型決済サービスです。

 日本では2016年10月からサービスが開始されました。ユーザーが所有するApple製モバイル端末にクレジットカードなどのカードを登録し、店舗などでかざすだけで決済が可能です。

Apple Pay(アップルペイ)はLINE Payなどの電子マネーとは全くの別物!

 注意したいのは、Apple PayはLINE Payなどの電子マネーとは別物ということです。後述しますが、Apple Payは「iD」「QUICPay」「Suica」のおまとめ機能で、いわば決済手段です。

 なので、コンビニのレジなどで支払いの際に「Apple Payで!」と言っても店員さんは「?」となりますので注意しましょう。

 Apple Payに登録したSuica、iD、QUICPayのいずれかが決済手段となりますので、iDを登録していれば「iDで!」、Suicaを登録していれば「Suicaで!」と伝えましょう。

Apple Pay(アップルペイ)はiPhoneで管理する

 Apple Payに登録するクレジットカード情報はiSOアプリの「Wallet」で管理します。例えばiD付帯のクレジットカードをApple Payに登録したい場合は、登録したいカードを準備し、iPhoneのWalletアプリで読み取れば登録完了です。

 登録すると以下の様にWalletアプリ上に表示されます。

【Apple Payは「Suica」「iD」「QUICPay」のおまとめ機能】

 Apple Payで出来ることはかなり多く、普段の生活で利用する電車・バスの移動、コンビニでの買い物、ネットショッピングでの決済など、普段の生活の網羅性が高いことが特徴です。

 ここではApple Payで出来ることは何か?という切り口で対応しているサービスをご紹介します。基本的に、Apple Payは「Suica」「iD」「QUICPay」の3つをまとめられるサービスを指します。

Suica

 交通系電子マネーSuicaに対応しています。普段の通勤で電車・バスを利用する方は大概持っているのでは無いでしょうか?改札を通る際に財布やカードケースの中にSuicaカードを入れて、改札機をかざして利用する、なんて使い方が多いのでは無いでしょうか?

 そんなSuicaをiPhoneやApple Watchで利用出来るようになります。Suicaカードだと改札機にかざした際に、残高が不足しており慌ててチャージ。。なんて経験ありませんか?これがApple PayだとスマホのWalletアプリやSuicaアプリで残高の確認が出来、チャージが簡単に出来るメリットがあります。チャージについては必要残高以下になると自動でチャージする「オートチャージ機能」もあります。

 Suicaの詳細はこちらも参考にしてみてください。

クレジットカード

 「iD」「QUICPay」が付帯するクレジットカード情報を登録することで、対応する店舗でスマホをかざすだけで決済が可能になります。これらが対応しているクレジットカード情報をWalletアプリで登録すれば利用できます。

※以下はiD付帯のANAvisaワイドゴールドカード

電子マネーのiD、QUICPayは以下も参考にしてみてください。

iD

QUICPay

 例えば私の場合、iPhone8にiD機能付帯のANAゴールドカードをWalletアプリに登録しているため、コンビニで決済する際は、スマホのスタートボタンを2度押し指紋認証することで画面にクレジットカードの画面が出てくるため、後はレジのリーダーにかざすだけで決済完了です。

 この様に、Apple Payは財布やカードケースなどの機能が、iPhoneやApple WatchなどのApple製デバイス一つに集約することのできる高機能なサービスであると言えます。スマホとApple Watchのどちらかだけあれば、財布やクレジットカードを持ち歩かなくても生活ができそうですね。

【Apple PayはWEBやアプリでの支払いにも対応】

 主な使い方は前述の様に電車・バスの利用や店舗での買い物になりますが、Apple Payは出前館でのデリバリーやWEBショッピングなどの決済にも対応しています。

 WEBやアプリ上で出てくる「Apple Pay」ボタンをタップし、クレジットカード情報、連絡先、送付先などの情報に間違いが無いことを確認し、TouchID、FaceIDで認識するだけで決済が完了します。

【Apple Payはセキュリティが強固】

 こんなに簡単に使えて、色々な機能を集約させているので、万が一の紛失・盗難などの際のリスク管理が気になりますよね?

 Apple Payは決済の際に、デバイス固有の番号と独自の取引コードを取得し使用します。なので、カード番号などのクレジットカード情報がどこにも残ることは無く、セキュリティ面でも安心です。

【Apple PayはiPhoneとApple Watchで使える】

 Apple Payは以下のApple製デバイスで利用することが可能です。

iPhone(iPhone7以降のモデル)

交通機関、店舗、アプリ内、WEB上

 コンビニでApple Payで決済する際は、iPhoneのホームボタンをダブルクリックし、本人認証が確認できればあとはリーダーにかざすだけです。

iPhone(iPhone6)

アプリ内、WEB上

Apple Watch(Serise2以降のモデル)

交通機関、店舗、アプリ内

Apple Watch(Series1と第1世代)

アプリ内

【Apple Payの活用シーン】

 前述のApple Payの特徴から、普段の生活ではどんな活用シーンがあるのでしょうか?ここで具体的な利用シーンをご紹介します。

通勤・通学時の電車・バス利用

 電車を利用する際はSuicaを入れておけば、改札機にiPhoneやApple Watchをかざすだけで決済が可能です。改札機は右手側にあるので、右利きの方はApple Watchは左腕に付ける場合が多いため、かざすには体を少し捻る必要がありますが、慣れればスムーズに改札を通ることができます。

コンビニでの買い物

 ファミマやローソンなどの大手コンビニではApple Payに対応しているため、小銭をじゃらじゃらさせることなく、リーダーにかざすだけでスムーズに決済が完了します。

 リーダーは左手側にあることが一般的であるため、こちらはApple Watchを左腕につけている方だとスムーズにかざせますね。

ジョギング中の買い物

 ジョギングでは極力手荷物を少なくしたいですが、途中で飲み物を買って水分補給したくなりますよね。こんな場合もスマホやApple Watchだけ身に着けていれば、コンビニなどで手軽に決済が可能です。

 いかがでしたか?Apple PayはiPhoneやApple Watchと組み合わせれば、絵に描いた様なキャッシュレス生活が実現できます。皆さんもぜひ導入されてみてはいかがでしょうか。

キャッシュレス決済についてはこちらの記事でまとめています。

タイトルとURLをコピーしました