キャッシュレス

Fami Pay(ファミペイ)のメリットや使い方は?キャンペーンが充実のファミマのスマホ決済

 コンビニ大手ファミリーマートも2019年7月1日からスマホ決済である「ファミペイ」の運営を開始しました。

 ファミマを普段利用される方にとって、使い勝手や、どんなメリットがあるか気になりますよね。この記事では、ファミペイのメリットや使い方についてご紹介します。

こんな方におすすめ

・ファミリーマートをよく利用される方

・スマホ決済に興味のある方

FamiPay(ファミペイ)とは?

 ファミペイとは、ファミリーマートが運営するスマホ決済サービスです。前述の通り今年の7/1から始まった新しいサービスです。

 ファミマには「お財布レス」という明確なコンセプトがあり、このファミペイ導入はそのコンセプトを具現化するステップの一つです。

 導入は11月からの予定ですが、ポイントカード一体化も検討中という点を見ると、ただ単に流行りに乗ってスマホ決済始めました!という感じでは無さそうです。今後も展開が楽しみなサービスですね。

FamiPay(ファミペイ)のメリットとデメリット

 ファミペイのメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか。以下にまとめました。

メリット

キャンペーンがお得

 PayPayなどと同様に、導入キャンペーンとして総額88億円還元キャンペーンを実施します。ファミチキなどの特定の商品が無料で貰えるなど、内容は様々です。期間限定ですので、導入キャンペーンが終わった後に、どんなキャンペーンが実施されるが一つ注目です。

ポイントカード一体化(2019年11月より)

 FamiPayアプリとポイントカードが一体型になります。これは地味ですが大変便利な機能ですね。例えば同じスマホ決済であるd払いは、dポイントを同時に貯めようとすると、アプリでdポイントカードのQRコードを提示しスキャンしてもらった後、同じアプリのd払いQRコードを提示してスキャンして貰うため、2度別々のQRコード画面を提示する必要があります。

 私も私生活でよくd払いを利用しますが、結構不便だと感じています。一体型があればいいのに、と思っていましたがファミペイがやってきましたね。

dポイントと楽天ポイントが貯まる(11月より)

 ポイントカード一体化と併せて、dポイントと楽天ポイントも貯められる様にしていくとのこと。現状ではTポイントしか貯められず、Tポイントを普段利用しない方にとってはあまりメリットを感じませんでしたが、dポイント、楽天ポイントを使っているユーザーにとっては導入を検討する方も出てくるのではないでしょうか。これも11月導入予定です。dポイントと楽天ポイントについては、以下も参考にしてみてください。

dポイント

楽天ポイント

デメリット

クレジットカードがファミマTカードのみ

 提携しているクレジットカードがなんとファミマTカードのみです。ファミマTカードユーザー以外は、わざわざ作ってまで。。となるでしょう。

使える店舗はファミマとkaemaのみ

 提携先がファミマとkaemaのみとかなり限定的です。真のファミマ信者で無い限り大きな恩恵は受けられなさそうですね。ちなみにkaemaとは、ファミマが運用するネット通販サービスです。

ファミペイの還元率

 ファミペイで決済すると、ポイント還元率は0.5%(200円で1ポイント)のFamiPayボーナスが貯まります。但し、ファミリーマートでの買い物に限るので注意。

FamiPay(ファミペイ)の使い方

チャージする方法は2つ

 ファミペイはチャージしたポイントで決済するプリペイド(前払い)方式です。チャージする方法は、レジでの現金払いと、クレジットカードであるファミマTカードによるチャージの2つです。

決済はQRコードで

決済時はアプリでQRコードを表示して、店員に提示してスキャンしてもらいます。チャージ残高の範囲内で決済が可能です。

 いかがでしたか?導入直後とあって、paypayなどと同様に、お得なキャンペーンを実施しているので、これに乗っかるのもありだと思います。ただ、7payの不具合の件や、ポイントカード一体化、他ポイント導入がこれからであることから、しばらく様子見でもいいかも知れません。いずれにしても、今後の動向が注目ですね。7payの不具合の件はこちらも参照してみて下さい。