ANAマイルが貯まる?!楽天edyのメリットやおすすめのクレジットカードは?

キャッシュレス

 今やスマホ一つあれば買い物が出来る時代になりました。スマホ決済の種類もかなり豊富になってきており、どれを使えば良いか迷う方も多いのではないでしょうか。

 どのスマホ決済にも言えることですが、自分のライフスタイルに合った決済方法を選ぶことが重要です。

 今回は楽天の各種サービスを普段利用される方におすすめの楽天Edyについて、使い方やメリットをご紹介します。

【楽天Edyはプリペイド方式の決済方法】

 楽天Edyとは、楽天株式会社が運営するプリペイド(前払い)方式のキャッシュレス方法です。ファミマやローソンなどの大手コンビニを始めとして、対応している店舗がかなり多いことが特徴です。

 今や楽天Edyのマークを目にしないことは無いのではないでしょうか。ちなみにおなじキャッシュレス決済で楽天Payがありますが、こちらはクレジットカードと紐付けたポストペイ(後払い)方式なので別物です。

 楽天Payについてはこちらも参照ください。

【楽天Edyのメリットは?】

決済がスムーズ

 他のスマホ決済にも言えることですが、財布を出すことなく決済が可能なので、とにかく決済がスムーズです。スマホ決済の大きな特徴ではないでしょうか。

ポイントの3重取りが可能

 楽天Edyのポイント還元率は0.5%(200円決済で1ポイント)です。単体としては高くありませんが、楽天Edyに対応するクレジットカードでチャージすれば、そのカードの還元率に応じたポイントが追加で貯まります。クレジットカードの還元率が1%であれば、楽天Edy決済時の実質還元率は1.5%になります。更にポイント増量キャンペーン中であれば、その分も追加で還元されます。

 更にポイントカードの提示で上記とは別でポイントが付くため、実質3重取りが可能です。

【楽天Edyの使い方】

 楽天Edyはプリペイド方式のため、利用するためには事前にチャージする必要があります。ここではチャージするために必要なものをご紹介します。

楽天カード

 楽天Edyが付帯している楽天カードでチャージができます。あとは、レジで楽天Edyで支払うことを店員さんに伝えて、リーダーにかざすだけで決済完了です。楽天カードについてはこちらも参照ください。

楽天Edy付帯のクレジットカード

 ANA visaカードなど、楽天Edyに対応したクレジットカードで決済する方法です。

スマホ決済(おすすめ)

 お持ちのスマホのおサイフケータイ機能を利用します。楽天カードなどのクレジットカードと紐付けてチャージするとお得です。

楽天Edyカード

楽天Edyのみの機能を持つカードです。

【チャージ方法】

 楽天Edyは前述の様にプリペイド方式のためチャージが必要です。楽天Edyのチャージ方法は大きく3つあります。以下で紹介していきます。

現金

 コンビニのレジなどでチャージ可能です。一回当りの上限金額は25000円です。

クレジットカード(おすすめ)

 楽天Edyに対応したクレジットカードで、おサイフケータイのアプリからチャージができます。クレジットカード情報を登録しましょう。またこの機能の便利なところはオートチャージ機能が付いていることです。オートチャージとは、あらかじめ設定している金額を残高が下回ると、自動でチャージする機能です。プリペイド方式のデメリットであるチャージの手間が省ける機能なのでおすすめです。

楽天スーパーポイント

 楽天スーパーポイントを支払いに充当する方法です。楽天Edyのサイトでチャージ申請後に使用可能になります。楽天スーパーポイントは、楽天カードなど楽天系のサービスを使えば使うほど貯まりやすくなるので、日頃の買い物で貯めたポイント楽天Edyで使えるので便利です。

 楽天スーパーポイントはこんなに貯める手段があります。

 いかがでしたか?楽天Edyは楽天系サービスを利用する方にとっては、使える様にしておいて損は無いと思います。ぜひ利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました