今度はマイナンバーの普及を狙う?国が導入を検討する還元事業「マイナポイント」は還元率最大25%!

キャッシュレス

 2019年10月1日より、消費増税が施行され軽減税率対象品を除いて消費税が8%から10%に引き上げられました。一般的に増税すると消費が落ち込むため、その対策として政府はキャッシュレス決済により支払いをすると、支払い総額に対して2~5%が値引き、ポイント還元など、なにかしらの形で還元される政策を施行しています。

 増税前の税率が適用されるなど混乱はありますが、出だしはとしてはまずまずではないでしょうか。

 この政策は、増税による一時的な消費の落ち込みを防ぐことと、キャッシュレス決済自体を普及させるというもう一つの目的があります。これに対しては一定の効果が出ている様です。

 更に政府は2020年から「マイナポイント」という新しいポイント還元政策を実施することを検討してます。この記事では、このマイナポイントの狙いや、メリットについてご紹介します。

【消費増税に関して】

 前述の通りですが、2019年10月より政府は消費増税を8%から10%に引き上げました。しかし全ての品目が増税される訳では無く、食料品など増税対象外の品目もあります(軽減税率と言います)。

 今回の消費増税に関することは、以下の記事でまとめておりますので、参考にされてください。

【マイナポイントって何?】

 マイナポイントとは、キャッシュレス決済とマイナンバーカードを紐付けた決済サービスを指します。現段階では「マイナポイント」というポイント名になっていますが、マイナンバーを利用してキャッシュレス決済を実施することにより還元されるポイントと推定されます。

キャッシュレス決済についてはこちらも参照ください。

 まだ検討段階ですが、最大25%ものポイントが還元されるというもの。例えば1万円決済すれば2500円分のポイントが還元されるもので、中々無視できない還元率であると言えますね。

【マイナンバーとICカードリーダーの普及が狙い?】

 10月1日からのポイント還元はキャッシュレス決済の普及が一つの目的であるならば、このマイナポイントはマイナンバーカードの普及が狙いであると推定されます。

 マイナンバーカードの普及率は10%程度といわれております。確かに、使うシーンはほとんどありませんよね。とりあえず持っていないとどこかで困るんだろうな、と思っていましたがこれが困ることがほとんどありません。国民のほとんどがその必要性を感じておらず、それが普及率の低さにも表れていますね。

 マイナンバーを普及させるための対策の一つとして、このマイナポイントは企画されている様です。

 いかがでしたか?ポイント還元率が25%もあると言うことは、それだけ政府がマイナンバーを普及させたい表れとも言えます。どんな政策になるのか注目したいですね。

タイトルとURLをコピーしました