" >

" > シエンタの永遠のライバル!ホンダフリードが新グレード追加! | | 仕事とプライベートのある生活
クルマのこと

シエンタの永遠のライバル!ホンダフリードが新グレード追加!

 ミニバンの中でもコンパクトのカテゴリーに分類されるホンダのフリード。スライドドアで多人数乗車が可能なこのカテゴリーはかなりニーズが高いです。

 代表格はトヨタのシエンタと、このフリードです。シエンタが15年にフルモデルチェンジをして世に登場しましたが、当時売れまくっていたフリードを、トヨタは徹底的に研究して対抗馬としてシエンタを投入し、大成功を収めました。そんなシエンタに後塵を拝しているフリードですが、今年の10/18にマイナーチェンジを予定しています。果たしてどんな変更になるのでしょうか。以下でご紹介していきます。

フリードってどんな車?

 フリードとは、ホンダが製造・販売するコンパクトミニバンです。

 価格帯もエントリーモデルで200万円程度と手頃なカテゴリーであり、スライドドアでフロアも低床であることから、子供から大人まで使い勝手が良く、非常に利便性が高いため人気のモデルです。

 便利な利用シーンとしては、子どものやお年寄りの方の送迎にピッタリですね。

 また、コンセプトとしては、親しみやすさはそのままにフロントグリルやバンパーに変更が入るとのことです。

 確かに現行のフリードと比較して端正な顔つきでかっこよくなっていますね!

走行安全性の向上

 現在世の中の車のトレンドの一つに走行安全性の向上があります。これは今後の更なる高齢化を考慮すると、確実に向上すべき技術の一つです。このマイナーチェンジにもホンダの安全運転支援システムである「ホンダセンシング」が標準装備になります。これを実現するために、ミリ波レーダーと車載カメラが搭載されます。ホンダセンシングの主なパッケージの内容は以下の通りです。

・バック時誤発進抑制

・衝突時軽減ブレーキ

・先行車発進アラーム

・標識認識機能

・歩行者事故低減

・レーンキーピングアシスト

 かなり充実したパッケージですね!

クロスオーバー仕様のグレード「クロスター」が新たに追加!

 クロスオーバー仕様の新グレード「クロスター」が新たに追加されます。機能面の充実だけでなく、イケてるミニバンを目指し、見た目も意識したいユーザーの取り込みを狙った動きと思われます。

 いかがでしたか?今回のマイナーチェンジでインテリアも室内の居住空間も若干拡大され、シートアレンジも選択肢が増えています。シエンタを意識した動きです。コンパクトミニバンである両車に今後も注目していきたいですね。最後まで読んで頂いてありがとうございました。