上司やキーマンを利用する!プロジェクトを自分の思い通りに動かすためには?

人間関係

 仕事を進めていく上で、自分のスキルとは無関係に行き詰まるシーンが出てくると思います。例えば、相手部署を動かしたいけど自分の職位(係長、主任、担当)だと相手を動かすにことができないシーンが出てきますよね?

 要は実務者間では解決しない場面では、上の立場の人同士で方針決定してもらう必要があります。自分の思惑通りに仕事を動かすためには、言葉は悪いですが時に然るべき立場の人を利用することが重要です。いわば上司を有効活用しましょうということです。

 この記事では、仕事を進める上で「立場」を利用した業務の進め方についてご紹介します。

【実務者レベルの議論で解決しないシーンがある】

 あなたは担当もしくは係長、主任レベルであるとしましょう。担当レベルで解決しない問題に直面した時に、どう行動しますか?実務者レベルで徹底抗戦して解決に持ち込みますか?確かに徹底抗戦して解決するのであれば、それに越したことはありません。

 ですが、お互い利害が一致しない場合は、徹底抗戦の末平行線を辿ることになります。徹底抗戦の挙句、ずっと平行線のままだと正直時間と労力の無駄です。実務者レベル同士での議論は永遠に解決しないシーンがあることを覚えておいてください。

 それを見極めて早めに上司に打ち上げて、手を打つ(打ってもらう)ことが重要です。

【立場関係を常に理解する】

 実務上自分の思惑通りに業務を進めたいが、他部署に反対されうまく進められないシーンがあると思います。この時効果的な手段としては、方針決定権を持つ者同士で解決してもらい、トップダウンで指示することです。

 こうすることで業務を円滑に進めることが可能となります。

 課長でだめなら室長。室長でだめなら部長といった具合です。言葉は悪いですが室長、部長をコマとして利用する訳です。実務者通しで悩んで時間を浪費するくらいでしたら、上の権力を最大限に利用しましょう。

 いかがでしたか?大抵の場合、サラリーマンの仕事は利害関係の塊です。その利害関係のある関係上、仕事を進める上で職位の高い立場の人をうまく利用することが重要です。実務者同士で平行線を辿り、もやもやするくらいでしたら、潔く上司の力を借りて業務を円滑に進めましょう。仕事の進め方についてはこちらも参照ください。

タイトルとURLをコピーしました