社会人の転職について理解しておきたい3つのこと

自身の成長

 あなたは転職したいと思ったことはありますか?今の仕事がどうしても自分に合わない、よりステップアップし給料を上げたい、今の労働環境を改善したい、等転職の理由は様々だと思います。

 しかし転職した後に、やっぱり前の仕事の方が良かった、入った会社が前よりももっとブラックだった、と後悔しても前の仕事には戻れません。転職はライフスタイルも大きく変わることから、後悔の無いようにするべきです。

 ここでは、転職の際に考えておきたい3つのことについてご紹介させて頂きます。

【今の仕事が合わなくても3年は我慢する】

 今の仕事や職場の雰囲気、体質が自分に合う、合わないはあると思います。ただ、本当にその会社が自分に合わないかどうか短絡的に判断するのは危険です。短い時間では自分に本当に合わないか判断できないからです。

 最低でも3年間は会社のことを知る期間として必要だと思います。嫌なことがあっても多少の我慢は必要です。短期的な判断で退社して、転職したとしても次に会社でまた同じ様に「この会社じゃだめだ」と判断してしまい、また辞めてしまいます。

 この会社に本当に自分の居場所が無いかじっくり見極める様にしましょう。

【自分の視野をより拡げたい】

 一つの会社に長らく勤めていると、その会社の思想や体質に良い意味でも悪い意味でも染まってくるものです。

 同業の会社でも全く異なる考え方、捉え方があって面白いです。閉じた空間で一生を終えたくない、という方には転職はおススメの選択肢になります。

【キャリアアップ】

 今の職場ではバリバリやれるが、対価が自分の働きぶりに見合っていない場合、更なる高みを目指すために転職することは人生プランとしてありだと思います。

 一度きりの人生なので本当に今の会社で終わって良いのか?と考えることはありますよね。例えば会社で培ってきたスキルを競合他社で違った目線で生かしたい、という発想でも良いと思います(この場合機密保持については順守しましょう)。

 自分がどれだけ新しい場所で通用するのか試してみたい方におススメの考え方です。

 転職を少しでも考えたら、最初に読んでおきたい本を以下にご紹介します。

 いかがでしたか?転職はある意味ギャンブルだと思います。転職して、労働環境、福利厚生が手厚くなる場合もありますし、入ってみると外からは見えなかった悪い面が見えてきて「こんなはずじゃなかった。。」なんてこともあるでしょう。

 経営体質が健全であるか?将来性のある事業を展開しているか?すぐにつぶれる可能性は無いか?等じっくり下調べをして転職先の情報を得て、本当にこの会社で良いのか考えて決断する様にしましょう。

 転職は本当に覚悟が必要です。転職先の担当者に沢山質問し多くの情報を得る様にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました