" >

" > 初年度の還元率3%!LINE Pay visaクレジットカードとは? | | 仕事とプライベートのある生活
キャッシュレス

初年度の還元率3%!LINE Pay visaクレジットカードとは?

 LINE Payは、新しいクレジットカードである「LINE Pay visaクレジットカード(仮称)」の先行予約を2019年8月より開始すると発表しました。国際ブランドはその名の通りvisaで、発行パートナーはオリコに決定しました。LINE Payの使い勝手向上と更なるユーザーの取り込みを目的とした動きと言えますが、一体このカード、どんな特徴があってどんなメリットがあるのでしょうか?

【こんな方におすすめ】

・LINE Payを利用している方

・クレジットカードとスマホ決済を一まとめにしたい方

【LINE Payがチャージレスで使える】

 LINE Pay visaクレジットカードは、プリペイド式のスマホ決済であるLINE Payのチャージを自動で出来るようになります。その結果、iDやQUICPayと同様に後払い方式になるため、LINE Payの様なプリペイド式の一つのデメリットであったチャージをする必要がなくなります。これは大きな特徴であると言えます。LINE Payの様なプリペイド式は、キャッシュレス決済といえど結局チャージする際は現金の移動があるため、厳密にはキャッシュレスとは言え無いですからね。今後PayPayや楽天Payなどのプリペイド式も、チャージが可能なクレジットカードを構えるトレンドになっていくものと予想されます。LINE PayやQUICPayについてはこちらも参照ください。

LINE Pay

https://shigotonokokoroe.com/cashless/line-pay-remittance-and-split-payment/

QUICPay

https://shigotonokokoroe.com/cashless/jcb-quicpay-20-cash-back/

【還元率は驚異の3%!】

 一般的なクレジットカードの還元率(100円決済時に還元されるポイントの割合)は1%であることが多い中、初年度限定とは言えLINE Pay visaクレジットカードの3%というのは、正直かなり高還元率の部類に入ります。更なる顧客の獲得のため、3%還元を初年度としている訳ですが、2年目以降も離脱を防止するために、何らかの対策を打ち出してくるものと思われます。還元先はLINEポイントとのことですが、LINEポイントってそんなに還元されて使えるの?何が嬉しいの?という疑問が次に来ますね。次の項目でご説明します。

【LINEポイントの使い道】

 LINEポイントはLINE Payの特徴的な機能である、ユーザー間の送金や割り勘時に活用することができますが、それ以外にも以下の様な活用方法があります。

メトロポイント(300P⇒270円相当)

 ANAマイラーは貯めるメリットがあります。こちらも陸マイラーとして持っておくと便利なソラチカカードがあれば、交換レート0.9倍(100ポイントで90マイル)で交換することが可能です。ANAマイルについては以下も参照してみてください。

https://shigotonokokoroe.com/cashless/how-to-efficiently-save-ana-miles/

Amazonギフト券(550P⇒500円相当)

 Amazonユーザーであればあるとお得に買い物ができます。

nanacoポイント(300P⇒270円相当)

 セブンユーザーであれば貯めたいポイントですね。こちらも参照ください。

https://shigotonokokoroe.com/cashless/nanaco-card/

Pontaポイント(300P⇒270円相当)

 ローソンでの買い物など様々なシーンで使えます。

JALマイル(300P⇒100円相当)

 JALマイラーにはおすすめですが、ANAマイル程還元率は良くありません。

【LINE Payの戦略】

 LINE Pay visaクレジットカードは、その名の通りLINE Pay専用のクレジットカードと言っても過言ではありません。これは最近乱立している〇〇Payの様なプリペイド式スマホ決済のチャージ機能のデメリットを補う動きであると言えます。同時に、クレジットカード単体ではあくまで決済方法の一つに過ぎないので、スマホ決済と連携させることで、ユーザーにとっても選択肢が増え、柔軟な対応が可能ですし、LINE側としても新規顧客の開拓に繋がる訳です。前述の通り、他のプリペイド式スマホ決済も同様の動きを取っていくものと推測されます。

いかがでしたか?今回の動きは、LINE Payがグローバルな国際ブランドであるvisaと連携することで、LINE Payの限定的な決済方法からの脱却を図る意図が垣間見えます。ある程度予想はできたことですが、ついに来たか!という印象です。3%還元という大判振る舞いも、ある意味昨今のキャッシュレス決済ではトレンドになりつつありますね。今後のLINE Payの動向に注目しましょう。