" >

" > パナソニックが新型カーナビ「ストラーダ」を発表!市販カーナビもついにここまで来た! | | 仕事とプライベートのある生活
生活のこと

パナソニックが新型カーナビ「ストラーダ」を発表!市販カーナビもついにここまで来た!

 2019年9月4日、パナソニックは新型カーナビゲーションシステム「ストラーダFシリーズ」を発表しました。

 カーナビはパナソニックやコムテックなど、各社が凌ぎを削るカテゴリーですが、正直どれも機能や見た目もそんなに大差が無く、コモディティ化している印象です。

 ですが、このストラーダは他社と一味違った印象がありますね。では他社品と比較して何が違うのでしょうか?以下で見て行きましょう。

【カーナビのトレンドは?】

 現在カーナビは大画面がトレンドとなっております。純正のカーナビも大型化していますよね。

 例えばトヨタのプリウスPHVやMIRAIは純正で11インチ以上の大型ナビの設定があるくらいで、大型ナビにはかなりのニーズがありますね。

 ですが、カーナビのサイズは大きくても8~9インチのものが多く、車両側も8インチ対応のものが大半であるため、埋め込み式で10インチ以上のカーナビを後付けすることが物理的にできません。

【新型ストラーダFシリーズは10インチの大画面!】

 2019年11月発売予定の新型ストラーダFシリーズはなんと10インチという、後付けタイプではかなり大型ディスプレイとなっております。

 また新型ストラーダはナビの枠部分を狭くしており(狭額縁と呼ばれています)、画面がより大きく見えるのでは無いでしょうか?

 既存の7インチもかなり大きく見えますが、10インチは更に大きく迫力がありますね。

【先代モデルよりも更に高画質化!】

 今回のモデルチェンジ内容はディスプレイの大型化だけではありません。

 画質向上に関しては「HDブリリアントブラックビジョン」を採用しています。

 従来比でなんと2.4倍の解像度を実現します。

 元々画質の良かったストラーダに対して、更なる画質向上により質感が高くなります。

【音質も向上!】

 カーナビの重要な機能の一つとして、音楽再生時の音質があります。

 私も車の中で音楽をよく聴きますが、音質が悪かったり、高音が聴き苦しかったりするとストレスが溜まります。

 ストラーダは元々音質が良いですが、画質と同様アップグレードされるとのこと。

【ドライブレコーダーとの連携も!】

 昨今あおり運転がかなり話題となっており、ドライブレコーダーの装着率もかなり上がってきております。

 今回新型ストラーダと当時発売のドラレコ「CA-DR03TD」にも注目です。このドラレコは前後2カメラ方式で、後方のあおり運転監視にも役立ちます。

 前後共ににカーナビを付ける方はその価格から後方を諦める方が多く、前方のみの方が大半です。更に後方カメラの解像度があまり良くない製品が多い中、CA-DR03TDは前方後方両カメラとも同じカメラを搭載するため、この心配が無くなります。

 ドライブレコーダーについては、こちらの記事でパナソニック以外でもご紹介しておりますので、是非参考にされてください。

https://shigotonokokoroe.com/about-car/selling-drive-recorder-top-10/

 価格帯次第ですが、前後とも装着するのもありですね。

 いかがでしたか?新型ストラーダはカーナビに求められるニーズを全てアップグレードしたものになります。予算と相談されて購入を検討してみてはいかがでしょうか。最後まで読んで頂いてありがとうございました。