キャッシュレス

キャリア決済のメリットは?iTunesなどで使えてクレジットカードが不要!

 キャッシュレス決済の一つの手段として、キャリア決済と呼ばれる支払い方法があります。ここではキャリア決済の特徴についてご紹介します。

【キャリア決済とは?】

 キャリア決済とは、大手キャリアが運営するキャッシュレス決済サービスのことを指します。キャリアとはスマホなどの携帯電話サービスを提供する会社を指しており、大手ではNTTドコモ、ソフトバンク、auが該当しますね。

 その関係上、キャリア決済は月々の携帯通信料金に利用分を上乗せして、まとめて支払うことが可能である点が大きな特徴となります。

【どんな人におすすめ?】

・クレジットカードを持ちたくないor審査が通らない

 クレジットカードは広く普及していますが、個人情報を登録したくない、また審査が通らないという理由で、所有していない方も沢山います。そんな方にとって、携帯料金と一緒に支払いができることは、うれしいことではないでしょうか。

・携帯通信料金と一括管理したい

携帯料金と一緒に請求が来るため、通信料とまとめて月々どれくらい支出があったかが一目でわかるため、まとめて支出管理したい、という方に向いています。

【携帯会社大手3社が運営】

 主に大手3社(ドコモ、ソフトバンク、au)が運営しています。決済後の引き落としは通信料合算払いであれば、翌月の引き落とし日にまとめて引き落とされますし、ポイントも付くため、クレジットカード決済と仕組みはほぼ同じです。ここではそれぞれの特徴をご紹介します。

d払いとドコモ払い

 d払いはドコモ払いの略ではありません。この2つ実は紛らわしいことに異なる決済方法です。d払いは誰でも、ドコモ払いはドコモユーザーのみ利用可能なサービスです。私はドコモユーザーなのでコンビニなどの細かい買い物は基本的にこれを使っています。クレジットカードの様に暗証番号を入れる手間が無く、QRコードを提示してスキャンして貰うだけなのでスムーズに決済できます。上限は10万円/月です。

https://shigotonokokoroe.com/cashless/d-payment-setting-and-how-to-use/

ソフトバンクまとめて支払い

 ソフトバンクユーザーであれば持っておきたいサービスです。My Softbankから利用状況を確認できるため、使い勝手が良いです。上限はドコモと同じく10万円/月です。

auかんたん決済

 auユーザー必見です。au通信料とau光などと合算して支払い可能です。上限は5万円/月です。

【支払い方法】

 下記の通り主に3パターンあります。特徴を見て行きましょう。

月々の通信料とまとめて

 これがキャリア決済の最大の特徴とも言えます。通信料と合算して支払いが可能ということは、クレジットカードを持っていなくても利用が可能ということです。

クレジットカード

 引き落とし元をクレジットカードに設定することが可能です。

ギフトカード

 iTunes、amazonなどのプリペイドカードをコンビニなどで購入し、チャージする方法です。

【メリットは?】

クレジットカードが無くても使用可

 通信料との合算払いにすれば、クレジットカードが無くても決済が可能です。

クレジットカードの様な暗証番号入力や著名が不要

 クレジットカード決済で高額な買い物(10001円以上)をしたとき、著名が求められますが、スマホ決済であれば不要で、余分な手間を取らなくて済みます。

アプリで素早い決済が可能

 決済時はQRコードを読み取ってもらうだけなので、スムーズな支払いが可能です。

 この他企業側のメリットとして、クレジットカードを持っていない客層を取り込める可能性が高くなることです。

【デメリットは?】

浪費癖がつく

 利用上限額はあるものの、その利便性から決済のハードルが下がり、浪費する癖がついてしまう恐れがあります。ご利用は計画的にしましょう。

返済が滞るとペナルティがある

 利用料金を返済日に支払えなかった場合、利用停止、携帯orスマホの利用制限が掛かる。

 いかがでしたか?月々の携帯通信料と一緒に支払いができ、利用額に上限が設定されているため、学生の方などにおすすめですので、是非活用してみてください。