" >

" > 増税後のポイント還元のタイミングは?経産省のキャッシュレス決済事業について | | 仕事とプライベートのある生活
キャッシュレス

増税後のポイント還元のタイミングは?経産省のキャッシュレス決済事業について

 2019年10月1日からいよいよ消費増税が行われます。従来の8%から軽減税率(8%据え置き)の対象品目を除いて一律10%に引き上げられ、一般消費者にとっては納税による負担が大きくなります。

 増税による一時的な消費の落ち込みを緩和するために、政府はキャッシュレス決済により決済した場合に、決済額の2%もしくは5%をポイントとして還元する政策を実施します。

 しかし、ポイントがどのタイミングで還元されるか不安になりますよね。

 ここでは、キャッシュレス決済後のポイント還元のタイミングについてご説明します。

【キャッシュレス決済とは?】

 キャッシュレス決済とは、現金以外の方法で決済することを指します。

 キャッシュレス決済と聞くと、クレジットカードやプリペイドカードでの決済をイメージされる方が多いと思いますが、他にもスマホ一つで決済が可能なスマホ決済など方法は様々です。

 一つ一つ紹介していきます。

https://shigotonokokoroe.com/cashless/cashless-payment-type/

【増税されるものとそうで無いもの】

 実際に全ての品目が増税対象ではありません。基本的な考え方は、「飲食料品を外食以外の方法で消費する場合は軽減税率を適用」という考え方になります。

 軽減税率と言っても納税額が減るわけではなく、あくまで増税しないということなので注意しましょう。

 増税対象やポイント還元対象店舗については以下の記事も参照ください。

https://shigotonokokoroe.com/cashless/tax-increase-measures/#toc4

【ポイント還元方法はキャッシュレス方法や店舗により異なる】

 ポイント還元方法は主に以下の4つがあります。

ポイント付与

 最も分かりやすい還元方法です。税込み決済額に対して、中小小売店や飲食店の場合は5%、大手外食チェーンや大手コンビニでは2%分のポイントが付与されます。例えば、ドコモ系の決済方法であるd払いであれば、dポイントとして還元されることになります。

即時充当

 事実上の値引きです。その名の通り、決済時に還元されたポイントが充当される仕組みです。例えば、税抜き100円の商品をセブンイレブンで購入すると税込みで110円ですが、ポイントは2%還元対象のため、即時充当だと2.2円値引きされ、108円で決済されます。税込み108円だと、増税前と変わらない価格で購入が可能です。

引落相殺

 キャッシュレス決済で決済すると、大抵の場合1か月分まとめて口座から利用代金が引き落としされますが、この際に還元された分を差し引いて引き落とされる方法です。主にクレジットカードで決済するとこの方法が適用されるシーンがあるものと推測されます。

口座充当

 引落相殺に近い考え方ですが、引き落とし額は実際に支払った額ですが、それとは別で口座に還元分が付与される方法です。ここで言う「口座」とは必ずしも銀行口座を指しておらず、例えばLINE PayであればLINEポイント口座の様に、各キャッシュレス決済のポイント口座をさすものと推測されます。

 いかがでしたか?消費増税まで1か月を切りましたが、ポイント還元の方法とタイミングについて、しっかり押さえておきたいですよね。少しでもポイント還元の恩恵を受けるためにも、どのタイミングでポイントが還元されるのか?そしてその方法は?という観点で増税を乗り切りたいものです。