クルマのこと

iPhone8以降モデルに対応!車でスマホを非接触充電

 ベルキンから非接触型スマホ充電車載ホルダの発売が発表されました。ベルキンとはアメリカのPC周辺機器の開発・販売メーカーです。価格は6580円(税別)とのことです。非接触型車載充電はワイヤレス充電とも呼ばれていますね。コードレスで充電する技術に先進性を感じます。ここでは非接触型車載充電機能について少し掘り下げてみようと思います。

【コードレスでどうやってスマホを充電するの?】

 そもそもの疑問でコードレスで充電が本当にできるのか不思議に思いませんか?iPhoneはQi(チー)というワイヤレス充電の国際標準規格に対応しております。これはワイヤレスコンソーシアム(WPC:Wireless Power Consortium)が策定しており、スマホの様な15W以下の低電力向け規格になります。

 このQiに対応しているデバイス(iPhone8以降モデル、電動歯ブラシ等)は受電用のコイルが内蔵されており、上記のリンクで登場した充電パッドには送電用コイルが内蔵してあります。この送電用コイルに電流を流すと磁界が発生し、スマホがこの磁界に反応し電力に変換され、充電されるという原理です。

 これは「電磁誘導の原理」と呼ばれ、高校物理で出てきます。理系の方でしたら分かりますよね 笑。

【コードレス充電がオプション設定されている車もある】

 トヨタブランドでいくとハリアーは最上級グレードでは「おくだけ充電」というドコモの商標でオプションがあります。

 車でコードレスで充電できるとコードが絡まることも無く、センターコンソール廻りをすっきりできます。また、先進性の高さがかなり魅力的なアイテムですね。

【エアコン吹出口に設置する】

 充電中の発熱を抑えるために夏場は自然冷却では無く、エアコン風を利用して冷却します。充電最適温度を確保するためです。

【具体的な充電方法と時間は?】

 付属品にはUSB充電器とUSB充電ケーブルがあります。そして充電器にスマホをセットすれば充電開始です。気になる充電時間はこれら充電器&ケーブルを使用することで電池充電量0%~80%まで35分程度で充電が可能です。普通にUSBポートに繋いで充電した時と大して変わらないです。ちなみによほど分厚いものでなければ、スマホカバー付きでも充電が可能です。

 いかがでしたか?先進性をかなり感じる製品ですね。車でスマホを充電する機会の多いかたは、コードレスですっきりしますし一度検討されてみてはいかがでしょうか。最後まで読んで頂きありがとうございました。