キャッシュレス

みずほ銀行のJ-coin payとは?メリットや使えるお店を徹底解説!

 2019年10月からの消費増税をきっかけに、様々な〇〇payが乱立しています。これだけ手段が多いと、キャッシュレス決済を始めたいけど正直どれが自分に合っているのか分からないですよね。

 〇〇payにはそれぞれメリットとデメリットがあり、自分のライフスタイルに合った手段を選択することが重要です。

 例えば普段から楽天系サービスを利用する方は、楽天カード、楽天payなどの決済サービスを利用することで恩恵が受けられます。

 今回は銀行系payであるJ-coin pay(ジェイコインペイ)はどんな人に向いているの?どんな人が恩恵を受けられるの?と言った視点からご紹介します。

J-coin pay(ジェイコインペイ)とは?

 J-coin pay(ジェイコインペイ)とはみずほ銀行が運営するキャッシュレス決済のことを指します。

 メガバンクであるみずほ銀行が運営する決済サービスのため安心感がありますね。

 サービス自体は2019年3月1日から開始されている比較的新しい決済サービスです。

J-coin payのメリットとデメリット

 そんなメガバンクであるみずほ銀行が運営する決済サービスですが、銀行ならではのメリットがあります。以下ご紹介します。

メリット

チャージ・送金・出金の手数料が無料

 登録口座からのチャージ、個人間の送金と出金の手数料が無料であることが最大のメリットです。例えばLINE payやpaypayも個人間送金が可能ですが、出金の際に手数料が216円取られますし、paypayはそもそも現金で出金ができません。

割り勘機能が便利

 LINE payの様な割り勘機能があり、非常に便利です。

クレジットカードが不要

 J-coin payは対応する銀行口座の登録だけで始めることができるため、クレジットカードを持っていない方でも気軽に利用することができます

操作画面が分かりやすい

 アプリの操作画面が非常にシンプルで使いやすいことも、大きな特徴です。

デメリット

不具合がある

 2019年9月に不正アクセスによる不具合が発生しました。これは7payやpaypayなどの様に〇〇pay自体セキュリティにまだまだ課題があります。

加盟店・対応銀行が少ない

 まだまだ加盟店や対応する銀行が少ないことが現実です。

ポイントが付かない

 銀行系payの特徴ですが、J-coin payで決済することによるポイント付与は現段階でありません。

加盟店と対応銀行は?

加盟店

 使えるお店は徐々に増えつつあり、特に家電量販店、居酒屋で使えるお店が多いです。詳細は以下の記事で紹介してるので参考にされてください。

みずほJ-Coin Pay(ジェイコインペイ)の使えるお店は?加盟店が現在増加中 引用元:https://j-coin.jp  メガバンクであるみずほ銀行が運営するJ-Coin Pay(ジェイコインペイ)。数あ...

対応銀行

加盟店・対応銀行についてはこちらを参照ください。

J-coin payにできること

QRコード決済

 他の〇〇payと同様にスマホでQRコードを提示してスキャンしてもらう方法と、自分のスマホでQRコードを読み取る方法とあります。

個人間送金

 対応する銀行口座さえあれば、個人間の送金ができます。例えば、商品購入時に建て替えて欲しい場合など、非常に便利な機能です。

銀行口座からのチャージと返金

 銀行口座からのチャージはもちろん、銀行口座への返金も手数料無料で利用できます。

 いかがでしたか、J-coin payはメガバンクであるみずほ銀行が運営していることもあり、導入当初から非常に注目されていました。

 今後は加盟店や対応銀行も増えてくるので、今後の成長が楽しみな決済方法です。