トヨタ ランドクルーザープラドの各グレードの価格や特徴は?マイナーチェンジで機能性&デザイン性ともに改良!

クルマのこと

 2009年12月にフルモデルチェンジしたトヨタ自動車のラージサイズSUVであるランドクルーザープラド。

 そこから2017年9月にマイナーチェンジされ、デザインの変更、装備の充実、ディーゼルグレードの追加という変更点がありました

 この記事では、ランドクルーザープラド(以下ランクルプラド)のグレードごとの価格や特徴についてご紹介します。

※画像はTOYOTA HPより引用

【トヨタ ランクルプラドとは?】

出典:TOYOTA HP

 前述の通りトヨタ自動車が製造&販売するラージサイズSUVです。SUVというよりは、山や川などの大自然を悠然と走ることができる本格的なオフローダーですね。

 車両価格は300万円後半~500万円で、価格としては決して安くはありませんが、居住性に優れた1台で価格以上の価値を得ることができます。

 兄弟車のランクルは以下参照ください。

【ランクルプラドの各グレードと特徴】

出典:TOYOTA HP

  ランクルのパワートレインはガソリンとディーゼルの2種類で、ガソリンは2.7L直列4気筒、ディーゼルは2.8L直列4気筒でどちらも4WDとなります。

 以下グレードと価格をまとめました(2020年5月時点)。

グレードエンジン価格
TX(5人乗り)2.7 直4 DOHC¥3,603,600
TX(7人乗り)2.7 直4 DOHC¥3,760,900
TX”Lパッケージ”(5人乗り)2.7 直4 DOHC¥4,122,800
TX”Lパッケージ”(7人乗り)2.7 直4 DOHC¥4,280,100
TX(ディーゼル:5人乗り)2.8 直4 DOHC ディーゼル¥4,229,500
TX(ディーゼル:7人乗り)2.8 直4 DOHC ディーゼル¥4,386,800
TX”Lパッケージ”(ディーゼル:5人乗り)2.8 直4 DOHC ディーゼル¥4,754,200
TX”Lパッケージ”(ディーゼル:7人乗り)2.8 直4 DOHC ディーゼル¥4,911,500
TZ-G2.8 直4 DOHC ディーゼル¥5,462,600

TX

 エントリーグレードです。5人乗りと7人乗りで選択可能です。

TX”Lパッケージ”

 こちらも5人乗りと7人乗りで選択可能です。TXに対して内外装共に質感がアップしています。

TZ-G

 ディーゼル仕様&7人乗り仕様で、ランクルプラドの最高グレードです。オフロードとしての機能、高級感どれをとっても最高峰です。

【ランクルプラドの各グレードごとの仕様差】

 ここでは各グレードごとの仕様差についてまとめていますので参照ください。全グレード共通仕様は省略しています。

 ○:標準、△:オプション

エクステリア

装備TZ-GTX”L パッケージ”TX
ホイール&タイヤ19インチアルミ(切削光輝)17インチアルミ(シルバーメタリック)
タイヤ空気圧警報システム
AVS&リア電子制御エアサスペンション
KDSS(キネティックダイナミックサスペンションシステム)
ばね上制振制御(ディーゼルのみ)
マルチテレインセレクト+クロールコントロール
電動リアデフロック△(ディーゼルのみ)
トルセンLSD
ドライブモードセレクト
クリアランスソナー&バックソナー

 TZ-Gで注目はマルチテレインセレクト&クロールコントロールがオプション設定できることです。様々な5種類の路面状況(ROCK、ROCK&DIRT、MOGUL、LOOSE ROCK、MUD&SAND)に対して、4輪に最適なトルクを配分し、悪路走破性を高める機能です。ザ・オフローダーと言える機能ですね。

安全装備

装備TZ-GTX”L パッケージ”TX
ブラインドスポットモニター
EBD(電子制動力配分制御)付ABS(ディーゼルのみ)
ドアミラー足元イルミネーション
オートワイパー○(雨滴感応式)○(時差式)
防眩インナーミラー○(自動防眩式)

 Toyota Safety Senseは全グレードで標準装備です。

操作性

出典:TOYOTA HP TZ-G

装備TZ-GTX”L パッケージ”TX
チルト&テレスコピックステアリング電動手動
センタークラスターモジュールスイッチ
ステアリングホイール木目調+本革巻き本革巻きノーマル
センタークラスターパネル(金属調)
センタークラスターサイドニーパッド(本革+ステッチ)
インサイドドアハンドルシルバー加飾
エアコンレジスター金属調加飾

 TZ-Gはステアリング本木目となり高級感が増します。また、7人乗り仕様はドアスカッフプレートがサードシート専用品となります。

インテリア

出典:TOYOTA HP 7seater

装備TZ-GTX”L パッケージ”TX
クールボックス
シート表皮本革ファブリック
フロントシート電動手動
快適温熱シート(運転席&助手席)
サードシート(7人乗り仕様のみ)電動
センターコンソールイルミネーション
パワーウィンドウスイッチブラック+ピアノブラックブラック
パワーウィンドウスイッチ先端メッキ
ラゲージパッケージトレイトノカバー
ナノイー
室内照明ルームランプ・前席カップホルダー
・アームレスト下
ルームランプ

 TZ-Gのみオプション設定のあるクールボックス。クールボックスとは、冷蔵庫の機能を持つものになり、ドリンクなどを冷やすことができます。完全に贅沢品ですね。

 インテリアは特にグレードの差が付きます。シート表皮や金属調・ピアノブラックの加飾が増え、高級感が出るグレードとなります。また、室内照明も増えます。

 5人乗りと7人乗りで異なる点は、前車がトノカバー、後者がサードシート標準となります。7人乗り仕様はサードシートは跳ね上げ式では無く、セカンドシート下に格納されるため、ラゲージスペースをかなり広く使える点が嬉しいですね。

 いかがでしたか?ランクルプラドはエクステリアデザインがシティユースにもマッチし、岩石路やぬかるみなどの走行にも適しているオフローダーとしての顔も持っているため、活躍のシーンが多様なSUVと言えます。

 ただ、2017年にマイナーチェンジがあったとはいえ、フルモデルチェンジから10年以上経過しており基本的な設計が古いことは否めません。フルモデルチェンジが近々ある噂もあり、今後の動向に注目したいですね。

タイトルとURLをコピーしました