生活のこと

不用品処分で古銭買取業者を探すなら「CoinSell(コインセル)」がおすすめ!大阪や名古屋は古銭買取がさかん

 引越しや遺品整理など私生活に大きな変化がある場合に、不用品を処分する機会があると思います。

 不用品は文字通り自分自身にとって需要の無いものである訳ですが、ある人にとって見れば喉から手が出るほど欲しいものであることもあり、思わぬ価格で買い取ってもらえることがあります。正に需要と供給のバランスでレアなものであるほど人によっては大きな価値となります。

不用品だと思っていたものに思わぬ価値がある場合がある

 引越しや遺品整理の際は、極力身軽に、計画的に不用品を処分することが望ましいです。そのため、普段から不用品は極力処分してしまうことをおすすめします。

 ですが、片付けが苦手、断捨離が苦手な方の心理としては、まだ使える、捨てるのが勿体ない、というとこだと思います。勿体ないという心理がどうしても働いてしまいます。

 先述の通り、自分が不要で早く処分してしまいたい!と思っているものでも、ある人にとっては大きな価値があり需要がある場合があります。例えば、

 こんなの誰が欲しがるだろう?と思っていたものも高値で取引されることもあります。ただ不用品を処分するだけでは勿体ないです。

不用品をお金にする3つの方法

 そんな不用品を少しでもお金にするための方法として以下3点が挙げられます。

・リサイクルショップで売却

・ネットオークションで売却

・古銭買取業者に売却

順に見て行きましょう。

リサイクルショップで売却

 使わなくなった家具・家電をリサイクルショップで売却する方法です。型式があまりに古いものは値段が付かない場合が多いですが、業者によっては値段が少しでもつく物と抱き合わせで不用品を引き取ってもらうことも可能です。

 主に型落ちの家電や古くなった家具などの売却に向いています。

ネットオークションで売却

 ヤフオクやメルカリなどのネットオークションで売却する方法です。リサイクルショップだと100円、200円しか値が付かないものが、ネットオークションだと需要がある場合に思わぬ値段がつくことがあります。

 私の場合不要になったバイクのマフラーがリサイクルショップだと0円でしたが、ヤフオクだと2万円で売却できたこともあります。

 人によっては需要があると考えられるものはネットオークションで売却しましょう。

古銭買取業者に売却

 不用品や遺品整理で意外に出てくるのが100円札や万博記念硬貨などの古銭です。余程のマニアであったり、思い入れがある場合を除いて、不要になることが大半です。

 100円札や記念硬貨は普通では手に入らないため、その希少性から手放すことに最初は躊躇しますが、持っていても仕方ない場合は潔く売却し、好きな物を買う、生活の足しにする方が現実的です。

 ただ、古銭なんて正直どこで売却すれば良いのか見当も付きませんよね。。

 そんな古銭売却なら、全国の古銭買取業者を探すことが可能なCoinSell(コインセル)がおすすめです。

CoinSell(コインセル)がおすすめの3つの理由

出典:CoinSell HP

 古銭買取業者が数多く存在する中でCoinSellがおすすめである理由は以下の通りです。

古銭に詳しい買取業者を探すことができる

地域別に人気のある古銭や記念貨幣に関する情報を掲載している

古銭の種類別買取情報に関するコラムを掲載している

順に見て行きましょう。

全国の古銭に詳しい買取業者を探すことが可能

 日本全国47都道府県の古銭買取業者を検索できます。あと古銭の相場が正直どれくらいかなんて普通の人じゃ分かりませんよね。。私もなん○も鑑定団を観ていて、歴史的価値のある壺や掛け軸がどうやって値決めされているのかさっぱり分かりません 笑

 古銭も同じです。古銭の専門家に頼ってみましょう。

地域別に人気のある古銭や記念貨幣に関する情報を掲載

 自分の住んでいる地域にまつわる古銭や記念貨幣の情報が集約されています。特に古銭の取引が盛んとされる大阪や名古屋でしたら、大阪ならあべのハルカスや通天閣の記念メダルであったり、名古屋なら愛知万博記念メダルなどが挙げられます。

古銭の種類別買取情報に関するコラムを掲載

 せっかく古銭を売却するなら、古銭の種類やルーツなど知ってみたいものです。これらを通して自分の住んでいる地域についてより知る機会にもなります。

↓コインセルHPはこちらから↓

—————————————————————

コインセル | CoinSell

—————————————————————

 いかがでしたか?引越しや不用品処分の際に100円札や記念硬貨などの古銭は意外と湧いてでてくるものです。記念に所持しておくことに重点を置く場合を除いて、眠らせておくのは正直勿体ないですよね。

 歴史的価値のあるものやレアなものは手放すことに躊躇してしまいがちですが、不要なものは勇気を持って売ってしまうのも有りかと思います。思わぬ臨時収入になることもありますからね。

一度問い合わせをされてみてはいかがでしょうか。