トヨタ ランドクルーザーの各グレードの価格や特徴は?全てを兼ね備えたキング・オブ・SUV

クルマのこと

 国産4WDの正に頂点に君臨しキング・オブ・SUVと言えるランドクルーザー。地球が滅亡してもランクルは生き残る、と言われる程耐久性の高さはピカイチです。

 この記事では、ランドクルーザー(以下ランクル)のグレードごとの価格や特徴についてご紹介します。

※画像はTOYOTA HPより引用

【トヨタ ランクルとは?】

出典:TOYOTA HP

 ランクルはトヨタ自動車が製造&販売するラージサイズSUVです。SUVというよりは、山や川などの大自然を悠然と走ることができる本格的なオフローダーですね。

 その高い悪路走破性から、世界中の砂漠や河川、ぬかるみ、岩石路など様々な場所で活躍しています。

 ランクルの弟分であるランクルプラド、ランクルのレクサスブランド車のレクサスLXについてはこちらも参照ください。

 ランクルの車両価格はエントリーモデルであるGXで400万円後半、最上位のZXで700万円程と、価格としては決して安くはありませんが、居住性に優れた1台で価格以上の価値を得ることができます。

【ランクルの各グレードと特徴】

出典:TOYOTA HP

 ランクルのパワートレインはガソリンモデルの一択で4.6LのV8エンジンです。

 高まる環境意識の中エンジンのダウンサイジング化が進んだ結果、現在V8エンジンを積んでいるトヨタ車も少なくなってきていますね。

 以下ランクルのグレードと価格をまとめました(2020年5月時点)。

グレードエンジン価格
GX4.6 V8 DOHC¥4,826,800
AX4.6 V8 DOHC¥5,247,000
AX”G セレクション”4.6 V8 DOHC¥5,979,600
ZX4.6 V8 DOHC¥6,974,000

GX

 エントリーグレードです。ランクルのグレードの中で唯一の5人乗り仕様です。

AX

 8人乗り仕様です。GXに対して内外装共に質感がアップしています。

AX”G セレクション”

 8人乗り仕様です。ZXと共通の仕様も多くプレミアムな印象があります。

ZX

 8人乗り仕様でランクル最高グレードです。オフロードとしての機能、内装の高級感どれをとっても一級品です。

【ランクルの各グレードごとの仕様差】

出典:TOYOTA HP リアエンターテイメントシステム

 ここでは各グレードごとの仕様差についてまとめていますので参照ください。

 ○:標準、△:オプション

エクステリア

装備ZXAX”Gセレクション”AXGX
ホイール&タイヤ20インチアルミ
(18インチのレスオプションも可能)
18インチアルミ17インチアルミ
タイヤ空気圧警報システム
4Wheel AHC&AVS
KDSS(キネティックダイナミックサスペンションシステム)
VGRS(バリアブル・ギア・レシオ・ステアリング)
マルチテレインセレクト+クロールコントロール
ドライブモードセレクト
UVカットフロントドアグリーンガラス○(撥水機能付き)
チルト&スライド電動ムーンルーフ
アウトサイドドアハンドルメッキカラード
ドアベルトモールステンレスブラック
サイドステップエアロタイプ(照明付き)アルマイト△(アルミ)
リアスポイラー

 注目はマルチテレインセレクト&クロールコントロールが全グレード標準装備であることです。ランクルプラドだと最上級グレードのTZ-Gのみオプション設定されていますが、さすがのランクルは全装備ですね。様々な5種類の路面状況(ROCK、ROCK&DIRT、MOGUL、LOOSE ROCK、MUD&SAND)に対して、4輪に最適なトルクを配分し、悪路走破性を高める機能です。ザ・オフローダーと言える機能ですね。

 エクステリアに関しては、ZXは電動ムーンルーフが標準です。

安全装備

装備ZXAX”G セレクション”AXGX
ヘッドランプ(オートレベリング機能付き)LED(ハイ&ロー)ハロゲン(ハイ)、LED(ロー)
LEDフロントフォグランプ
ドアミラー電動手動
ドアミラー足元イルミネーション
オートワイパー○(雨滴感応式)○(時差式)
ウォッシャー連動間欠リアワイパー○(リバース連動)

 Toyota Safety Senseは全グレードで標準装備です。その他GXは必要最低限の機能を備えています。

操作性

出典:TOYOTA HP ZX

装備ZXAX”G セレクション”AXGX
パワーバックドア(上側のみ)
チルト&テレスコピックステアリング電動+メモリー付き電動手動
ステアリングホイール木目調+本革巻き本革巻きウレタン
ステアリングヒーター
パーキングブレーキレバー本革巻きビニールレザー巻き
フルオートエアコン前後左右独立温度コントロール前席左右独立温度コントロール

 ZXはパワーバックドアがオプション選択できます。また、GXを除くグレードでエアコンはセカンドシート含めた4席独立で温度設定が可能です。4席独立温度設定が可能な車は、トヨタではこのランクルとレクサスLS、LXなど高級グレードのみの装備です。

インテリア

出典:TOYOTA HP 8seater

装備ZXAX”G セレクション”AXGX
クールボックス
シート表皮プレミアムナッパ本革本革モケットトリコット
フロントシート電動(メモリ付き)手動
アクティブヘッドレスト
シートバックポケット表皮巻きメッシュ
シートベンチレーションシステム
シートヒータ(前席&後席左右)
セカンドシートシートバック4:2:4分割
※ZXはパワースライド機構
シートバック6:4分割
サードシート(GX以外)セミパワーマニュアル
パワーイージーアクセス(運転席)
リアエンターテイメントシステム
リアヒーターコントロールパネル木目調
ドアグリップ高輝度シルバーブラック
インストルメントパネル&ドアトリム木目調ブラック
ピラーガーニッシュファブリック樹脂
ドアスカッフプレートフロント照明付き・ステンレス樹脂
フロントリアパーソナルランプ○(LED)
インサイドドアハンドルイルミ
イルミネーテッドエントリーシステム○ドアトリム、足元、センター
ドアカーテシランプ○(LED)
おくだけ充電
アクセサリ充電ラゲージAC100VラゲージDC12V

 GXを除くグレードでオプション設定のあるクールボックス。クールボックスとは、冷蔵庫の機能を持つものになり、ドリンクなどを冷やすことができます。完全に贅沢品ですね。

 インテリアは特にグレードの差が付きます。特にZXは目に付く箇所、手に触れる箇所の高級感が素晴らしく、レクサス顔負けの仕様となりますね。そうそう購入できる金額ではありませんが。。

 また定員はGXが5人乗り、それ以外が8人乗りで異なる点は、前車がトノカバー、後者がサードシート標準となります。8人乗り仕様はサードシートは跳ね上げ式で、ZXは電動収納が可能です。

 いかがでしたか?ランクルはエクステリアデザインがシティユースにもマッチし、岩石路やぬかるみなどの走行にも適しているオフローダーとしての顔も持っているため、活躍のシーンが多様なSUVと言えます。

 フルモデルチェンジが近々ある噂もあり、今後の動向に注目したいですね。

タイトルとURLをコピーしました