クルマのこと

トヨタRAV4 PHVを買うべき6つのメリット!各グレードの価格や特徴は?

 2019年4月に3年ぶりに国内市場へ戻ってきたトヨタのミドルクラスSUVのRAV4ですが、2020年6月にそのプラグインハイブリッド仕様であるRAV4 PHVがリリースされました。

 トヨタは4代目となる新型ハリアーを6月にリリースしたばかりですが、次々と新しいSUVを市場に投入しており、乗りに乗っていますね(RAV4 PHVは仕様追加ですが)。

 トヨタのSUVラインナップが分厚くなってきています。

新型ハリアーの内装や価格・特徴は?RAV4や先代モデルとの違いとおすすめグレードを徹底解説!ハリアーはトヨタ自動車が製造&販売するプレミアムSUVです。都会ユースを意識したSUVで、上質な質感が最大の特徴で、デートカーからファミリーカーと様々なユーザー層を持つ車です。...
トヨタ新型RAV4が売れまくってる!他のSUVに無い泥臭さと武骨さ!  トヨタ自動車が2018年11月に発売したSUVの新型RAV4。売れ行きは順調で、国産SUVの販売台数でダントツ1位です。  こ...

 SUVのPHV仕様は、RAV4 PHV以外だと国産では三菱アウトランダーPHEVしかなく、正直未開拓のカテゴリーなんですよね。

 この記事では、そんなRAV4 PHVのグレードごとの価格や特徴についてご紹介します。

※画像はTOYOTA HPより引用

トヨタ RAV4 PHVとは?

出典:TOYOTA HP

 RAV4 PHVはトヨタ自動車が製造&販売するミドルサイズSUVのプラグインハイブリッド仕様です。RAV4自体が4輪駆動仕様を全面に押し出したオフロードタイプのSUVで、ここにプラグインハイブリッド仕様が追加されるため、大きな注目を集めています。

 プラグインハイブリッド車の特徴としては、災害の多い日本国内において大容量のバッテリーを積んでいることから、停電等の不測の事態にも大活躍します。

 2013年に起きた熊本地震においても、三菱アウトランダーPHEVが給電車として活躍していたことは記憶に新しいですよね。

災害時の停電で電源をどう確保する?電気自動車、プラグインハイブリッド車は走る蓄電池  日本は台風や地震など様々な災害に見舞われた災害大国です。2011年3月に発生した東日本大震災や2016年の熊本地震、そして今年の千葉...

 RAV4 PHV自体がRAV4の上級グレードという位置付けであり、車両価格はエントリーモデルであるGで469万円、最上位のBLACK TONEで539万円と、価格としては決して安くはありませんが、通勤、アウトドアや災害時に優れた1台で価格以上の価値を得ることができます

プラグインハイブリッドならではの6つのメリット

 プラグインハイブリッドと名前は聞いたことあるけど、普通のハイブリッドと何が違うの?という疑問を持たれると思います。

 ここでは、RAV4 PHVの強みや、買う価値について紹介します。

普段使いではほぼガソリンを消費しない!

 RAV4 PHVはバッテリーが満充電の場合、走り方にもよりますがEV走行距離が95kmもあります。これは単純計算で普段の通勤で往復95km以下の場合は、ガソリンを一切消費しないことになります。

 通勤で往復95km以上の方は中々いないでしょうから、家に帰って一晩充電しておけば、EV走行だけで賄えてしまう訳です。

 じゃあガソリン要らなくない?EVでよくない?って思っちゃいますが、ガソリンエンジンと組み合わせることで、航続距離は驚異の1300km!遠出する際に無給油無充電で行ける範囲がかなり拡大します。

 2つのパワートレインを持つ大きなメリットですね。

災害時に大活躍!

 災害時にできるだけライフラインは確保しておきたいもの。RAV4 PHVは給電機能があるため、炊飯器などの家電が使えます。

EV給電モード時に1500Wの最大出力で使い続けた場合、バッテリー満充電状態から約7時間、一般家庭が日常使用する電気量:1日当たり10kWh(1時間当たり400W)では約20時間の電力を供給可能

引用:TOYOTA HP

 なので万が一の不測の事態になった時でも、車中泊で数週間分は最低限の生活が成り立ちます。SUVならではのラゲージスペースの広さもありますからね。

 さらに、給電設備が整っていれば、なんと自宅への給電も可能です。一時的なライフラインの維持という観点では、役立つこと間違いなしですね。

アウトドアでPHVならではの使い方!

出典:TOYOTA HP

 前項でもあったとおり、RAV4 PHVは給電機能があります。照明器具やオーロラビジョンなどの消費電力の大きい機器を積んで、キャンプで使う。。なんてことも可能です。

 こんなこと普通のハイブリッド車ではできませんよね!

プリウスPHVよりも居住性に優れる!

出典:TOYOTA HP

 RAV4 PHVの大容量バッテリーは床下にレイアウトされているため、プリウスPHVの様にラゲージスペースの居住性を損ないません。プリウスPHVはラゲージにバッテリーがレイアウトされているため、ラゲージスペースが大きく犠牲になっていました。

 RAV4 PHVはSUVの特徴である居住空間の広さを維持していると言えます。

充電中の待ち時間も快適に過ごせる!

 RAV4 PHVのならでは機能その5は「マイルーム」です。EV、PHVの課題の一つに充電時間の長さがあります。ガソリンの給油であれば3分で終わりますからね。

 そんな待ち時間の長さを解決する機能の一つがマイルーム機能で、充電中に送電される電気を使って、エアコンやオーディオを使用することが可能です。

充電中に、ブレーキペダルを踏まずにパワースイッチをONモードにすると、外部電源からの電力によってエアコンやオーディオ、シートヒーターなどが使用可能に。また、マルチインフォメーションディスプレイで、マイルームモード使用中の電力収支の目安を確認できます。

出典:TOYOTA HP

 充電中は快適な空間で読書などしながら待ちましょう。

出発時間に合わせてに空調を予約できる!

 RAV4 PHVは空調を予約できる「リモート空調」機能が備わっています。例えば、夏場の暑い時期に、空調を予約すれば、出発する時は車室内が涼しい状態になっているということです。

 リモート空調の利用方法は、スマートキーの「A/C」ボタンか、スマホのアプリで予約ができる優れものです。

RAV4 PHVの各グレードと特徴

出典:TOYOTA HP

 RAV4 PHVのパワートレインは、2.5L+モーターです。

 以下RAV4 PHVのグレードと価格をまとめました(2020年6月時点)。

グレードエンジン価格
G2.5L + モーター¥4,690,000
G”Z”2.5L + モーター¥4,990,000
BLACK TONE2.5L + モーター¥5,390,000

G

 エントリーモデルです。エントリーですが469万円と、高機能なだけあって安くはありません。

G”Z”

 Gと比較して、内装の質感が上がり、シートベンチレーション機能が付くなど快適性もグレードアップします。Gと比較して30万円の価格差がありますが、コスパは良く人気のグレードです。

BLACK TONE

出典:TOYOTA HP BLACK TONE

 最上級グレードです。その名の通りボディーカラーとブラックのツートーンカラーとなります。G”Z”との価格差は40万円にものぼります。

RAV4 PHVの各グレードごとの仕様差

 RAV4 PHVは価格帯も装備もRAV4の上位グレードという位置付けです。そのため、エントリーグレードのGでもエクステリア、インテリア、安全装備など全てグレードが高いです。

 ここではRAV4 PHVの各グレードごとの仕様差についてまとめていますので参照ください。充電装備以外は3グレード共通で標準仕様は省略してます。

 ○:標準、△:オプション

充電装備

装備BLACK TONEG”Z”G
充電ケーブル
(AC200V:7.5m)
充電ケーブル
(AC200V:15m)
電源プラグコード
(AC100V用)
充電ケーブルホルダー
(7.5m充電ケーブル用)

 充電方法は普通充電のみで、200V/16A、100V/6Aでそれぞれ満充電までの時間は5時間半、27時間です。急速充電機能が無いことが大きなデメリットです。高速道路のPAなどでの充電では満充電にするのに最低5時間はかかります。これがテスラでしたら1時間程度で満充電になるので、大きな違いですね。

 出先での充電シーンがあまり考慮されていない点は残念です。普段の通勤メインで、遠出には実はあまり向いていないかも知れませんね。。

エクステリア

出典:TOYOTA HP(左:18インチ、右:19インチ)

装備BLACK TONEG”Z”G
ホイール&タイヤ19インチアルミ
(切削光輝+ブラック塗装)
18インチアルミ
(切削光輝+ダークグレーメタリック塗装)
スペアタイヤ
パノラマムーンルーフ

 エクステリアに関しては、BLACK TONEが19インチホイールとなりますが、Gでも18インチの迫力ある仕様です。この辺はRAV4の上位グレードの位置付けらしい仕様になっていますね。

安全装備

装備BLACK TONEG”Z”G
LEDリアフォグランプ
ドアミラー(足元照明&カメラ)
デジタルインナーミラー
リアクロストラフィックオートブレーキ
パノラミックビューモニター

 Toyota Safety Senseは全グレードで標準装備です。RAV4の上位グレード相当だけあって、装備は中々の充実度です。デジタルインナーミラーは新型ハリアーにも設定されている先進機能です。

操作性

出典:TOYOTA HP BLACK TONE

装備BLACK TONEG”Z”G
スマートエントリー(全ドア)
カラーヘッドアップディスプレイ

 BLACK TONEはスマートエントリーシステムが全ドア採用されています。レクサスNX並みの装備ですね。ちなみにG”Z”、Gは前席、バックドアのみです。

インテリア

出典:TOYOTA HP 左:G、右:G”Z”、BLACK TONE

装備BLACK TONEG”Z”G
シート表皮合皮+パフォレーション合皮+レザテック
フロントシート電動
※助手席はマニュアル
運転席シートポジションメモリ
シートバックポケット運転席+助手席運転席
シートベンチレーションシステム
シートヒータ(前席&後席左右)
センターコンソールBOX合皮巻き+インナートレイ付き合皮巻き
オープントレイ○(ソフトマット付き)
リモート空調
ヒートポンプオートエアコン
イルミネーテッドエントリーシステム
(足元照明・フロントカップホルダ・オープントレイ)
ハンズフリーパワーバックドア
パワーバックドア
アクセサリ充電ラゲージAC100V

 見所はPHVならでは機能の、リモート空調とヒートポンプ式オートエアコンの2つです。特にヒートポンプ式エアコンは、家庭用エアコンに用いられている方式で、極めて高効率のエアコンシステムで燃費改善に大きく貢献します。

 トヨタではプリウスPHVに採用されています。

トヨタSUVのグレードや価格をまとめ!コンパクトからラージサイズまで徹底解説トヨタ自動車はSUVラインナップがとにかく充実しています。コンパクトSUVのライズから本格クロスカントリーのランドクルーザーまで様々な種類が用意されています。...
レクサスSUVのグレードや価格をまとめ!コンパクトからラグジュアリーまで徹底解説トヨタ自動車の高級ブランドであるレクサス。そんなレクサスの中でもSUVラインナップは充実しています。コンパクトSUVのUXからラグジュアリーSUVのLXまで合計4種類が用意されています。...

 いかがでしたか?RAV4 PHVはRAV4と比較して動力性能、燃費、使い勝手の全てがアップグレードされた非常に魅力的なモデルです。プラグインハイブリッドならではの高機能な装備が満載のSUVです。

 購入を検討されている方にとって、少しでも参考になれば幸いです。