クルマのこと

新型ハリアーの内装や価格・特徴は?RAV4や先代モデルとの違いとおすすめグレードを徹底解説!

 トヨタのロングセラーのプレミアムSUVであるハリアー。この度フルモデルチェンジし、2020年6月より販売開始しました。4代目となる新型ハリアーは、インテリア、エクステリア、装備共に完成度が極めて高く、6月末の時点で受注台数は約4万台で、月販目標台数3100台を10倍以上も上回っています

 この記事では、フルモデルチェンジした4代目ハリアーのグレードごとの価格や特徴についてご紹介します。

※画像はTOYOTA HPより引用

4代目ハリアーとは?

出典:TOYOTA HP Z

 ハリアーはトヨタ自動車が製造&販売するプレミアムSUVです。都会ユースを意識したSUVで、上質な質感が最大の特徴で、デートカーからファミリーカーと様々なユーザー層を持つ車です。

 トヨタでは同じ様な車格のSUVとしてRAV4がありますが、RAV4はどちらかと言うとアウトドア向けで、ハリアーは街乗りを意識したコンセプトとする事で、棲み分けています。

 4代目ハリアーの価格(税込)はエントリーグレードはギリギリ200万円代で、最上級グレードは500万円を超える等、幅広いユーザーの取りこぼしを無くすよく練られた価格設定がされています。

4代目ハリアーの各グレードと特徴

出典:TOYOTA HP

 新型ハリアーのパワートレインはガソリンモデル(2WD、4WD)、ハイブリッドモデル(2WD、E-four)の4種類です。

 3代目ハリアーとの違いは2点で、①ハイブリッドに2WD追加②ガソリンターボ廃止です。

 私は実際に3代目ハリアーハイブリッドを所有していますが①については、街乗りメインとなるハリアーにとってパワートレインは2WDで十分だと感じていたため、ハイブリッドが欲しい方には4WD⇒2WDで価格が下がる点はGOODですね。

 一方②については、2.0Lの自然吸気だとややパワー不足を感じるので、欲を言えばターボの設定が欲しかったですね。ですが先代ハリアーであったターボを廃止している当たり、あまり需要が無かったとも推測できます。ドライブモード「SPORT」で補完は可能ですしね。

 以下4代目ハリアーのグレードと価格をまとめました(2020年6月時点)。

グレードエンジン価格(2WD)価格(4WD)
S2.0L 直4 N/A DOHC¥2,990,000¥3,190,000
G2.0L 直4 N/A DOHC¥3,410,000¥3,610,000
G”Leather Package”2.0L 直4 N/A DOHC¥3,710,000¥3,910,000
Z2.0L 直4 N/A DOHC¥3,930,000¥4,130,000
Z”Leather Package”2.0L 直4 N/A DOHC¥4,230,000¥4,430,000
S(HV)2.5L 直4 N/A DOHC+モータ¥3,580,000¥3,800,000
G(HV)2.5L 直4 N/A DOHC+モータ¥4,000,000¥4,220,000
G”Leather Package”(HV)2.5L 直4 N/A DOHC+モータ¥4,300,000¥4,520,000
Z(HV)2.5L 直4 N/A DOHC+モータ¥4,520,000¥4,740,000
Z”Leather Package”(HV)2.5L 直4 N/A DOHC+モータ¥4,820,000¥5,040,000

ガソリンとハイブリッドの価格差

 59万円です。ハイブリッドはガソリンと比較して燃費は良くなりますが、この価格差をペイすることは不可能に近いです。ではハイブリッドを選ぶ価値とは何なのか?以下2点だと言えます。

  • 燃費が良い
  • パイパワーである

 ガソリンモデルは2.0L自然吸気エンジンですから、普段使いでは全然問題ないレベルですが、ハリアーの2tもの車重を運ぶにはやや非力さを感じることがあります(経験談)。パワー不足と感じる方はドライブモードセレクト「スポーツ」にしましょう。その分ハイブリッドは2.5L+モータですから、加速性能は抜群に良いです。

 ですので、ハイブリッドを選ぶモチベーションは59万円出して「燃費の良くしてハイパワーにする」かどうかだと思います。ただ、ガソリンが非力に感じるのはあくまで個人的見解となりますので、実際に両車試乗してどちらかに決めることをおすすめします。

2WDと4WDの価格差

 ガソリンが20万円、ハイブリッドが22万円です。コーナリングでの走行安定性が向上します。走りを求める方は付けると良いでしょう。

Leather Packageの価格差

 30万円です。GとZに設定があります。その名の通りシートが本革シートとなり、快適温熱シート+シートベンチレーション(前席)、運転席オートスライドアウェイ、ポジションメモリーなどが仕様差です。あると快適性が向上する装備ばかりですので”Leather Package”は魅力的なグレードですね。

 ちなみに3代目ハリアーはシートヒータ&ベンチレーションが本革シートとセットオプションで22万円程でした。

 コンパクトカーにも付いているシートヒータが、ハリアーは本革シートを選択しないと設定できないのは、4代目ハリアーでも同じ様ですね。この点はなんとかならなかったのか。。

ハリアーに乗るなら購入だけが手段ではない

 エントリーグレードはギリギリ200万円台の新型ハリアーですが、ずっと所有する訳では無いなら、トヨタの「KINTO」でハリアーの新車に乗ることもおすすめです。

 シェアカーが普及するなど車の在り方も年々変わってきており、車を所有するのではなく「新車を借りる」時代になってきています。

 KINTOは購入でもシェアでもない、新しいクルマの持ち方で、以下3つの大きな特徴があります。

トヨタ「KINTO」の特徴

1.頭金なし&月々定額

2.自動車税・任意保険など、必要な費用が料金に含まれる

3.愛車ポイントサービスでギフトがもらえる

 ローンを組みたくない、長期保有するつもりは無く色々な車に乗りたい、という方におすすめです。

4代目ハリアーの各グレードごとの仕様差

出典:TOYOTA HP

 ここでは各グレードごとの仕様差についてまとめていますので参照ください。

 ○:標準、△:オプション

エクステリア

装備Z”Leather Package”ZG”Leather Package”GS
ホイール&タイヤ19インチアルミ
(高輝度シルバー)
18インチアルミ
(切削光輝+ダークグレーメタリック)
17インチアルミ
(シルバー)
スペアタイヤ
マフラーカッター楕円真円
調光パノラマルーフ
リアルーフスポイラーカラードブラック
フロントバンパーメッキガーニッシュアッパー&ロアアッパーのみ
リアバンパーメッキガーニッシュ
フェンダーライナー○(吸音タイプ)
アウトサイドドアハンドルメッキカラード

 特徴としては、エントリーグレードであるSとそれ以外で明確に仕様差を付けていることです。ホイールの違いを筆頭にメッキガーニッシュが少なかったり、アウトサイドドアハンドルがカラードだったりと、見た目の違いがはっきりしますね。

 また、Zは4代目ハリアーの見所の一つである調光パノラマルーフがオプション設定されています。パノラマルーフ自体は3代目ハリアーでもありましたが、4代目ハリアーは調光が可能です。

安全装備

装備Z”Leather Package”ZG”Leather Package”GS
Toyota Safety Sense
先行車発進告知装置
ITS Connect
リアクロストラフィックオートブレーキ
LEDフロントヘッドランププロジェクタ式3灯式
LEDフロントフォグランプ
LEDハイマウントストップランプ○(ロングタイプ)
ドアミラー足元イルミーション
デジタルインナーミラー
オートワイパー○(雨滴感応式)○(時差式)
フロントドアグリーンガラススーパーUVカットUVカット

 Toyota Safety Senseは全グレードで標準装備です。LEDヘッドランプはG以上のグレード標準のプロジェクタ式を選択しておきたい所。今回のハリアーの顔ですからね。ちょっと分かり辛いですが、下の画像の左がプロジェクタ式、右が3灯式です。

出典:TOYOTA HP

 今回のハリアーの大きな特徴とも言っていいプロジェクタ式を選びたいですね。

操作性

出典:TOYOTA HP Z”Leather Package”

装備Z”Leather Package”ZG”Leather Package”GS
チルト&テレスコピックステアリング電動手動
本革巻きステアリングホイールサテンメッキ加飾付きシルバー塗装加飾付き
ステアリングヒーター
ステアリングスイッチ○(ピアノブラック塗装)
本革巻きシフトノブ
スマートエントリー&スタートシステムスマートエントリー(後席)+スマートキースマートキー
ドライブモードセレクト
(ECO、NORMAL、SPORT)
マルチインフォメーションディスプレイ7.0インチTFTカラー4.2インチTFTカラー
オプティトロンメーター
メーターリングサテンメッキ塗装シルバー塗装
カラーヘッドアップディスプレイ

 特徴としてはドライブモードセレクトでしょうか。ドライブモードセレクトとは、走行モードを以下の様に切り替えることが出来るシステムです。

  • ECO ⇒ 加速時の出力や、エアコンON時の動力を抑え燃費を重視するモード
  • NORMAL⇒快適に走行できるモード
  • SPORT ⇒加速時の出力を上げ、燃費よりも走りを重視するモード

 3代目ハリアーでは、ハイブリッドモデルではSPORTモードが無かったので、ハイブリッドでも走る楽しさが増しそうです。また、ガソリンモデルのパワー不足は「SPORT」で補えるため、普段使いは街乗りの方は、ガソリンモデルでも十分満足感を得られると思います。

出典:TOYOTA HP 左:4.2インチ、右:7.0インチ

 マルチインフォメーションディスプレイは上の画像の通りSが4.2インチ、それ以外が7.0インチのものになります。シンプルで飽きの来ないデザインが魅力です。

インテリア

出典:TOYOTA HP Z”Leather Package”

 4代目ハリアーの目玉とも言えるインテリアの質感。上の画像の様にセンターコンソールを中心に、特に”Leather Package”はレクサスをも凌駕する程の出来栄えで、上質そのものです。

 同車格のレクサスNXと比較しても引けを取らないですね。

レクサスNXの各グレードの価格や特徴は?KINTOで新車をレンタルして乗ることも可能  レクサスのミドルサイズSUVであるNX。2014年の発売以来、高価格帯にも関わらずそのスタイリッシュなエクステリアと機能性の高さから...
装備Z”Leather Package”ZG“Leather Package”GS
シート表皮本革ファブリック+合皮本革ファブリック+合皮ファブリック
フロントシート(運転席)電動手動
フロントシート(助手席)電動手動電動手動
電動ランバーサポート4way2way4way2way
ポジションメモリー
(ステアリング&シート)
運転席オートスライドアウェイ
快適温熱シート&シートベンチレーションシステム
セカンドシートシートバック6:4分割
インストルメントパネル(ソフトパッド+ステッチ)パイピングオーナメント(メタルラッチ加飾)
サイドレジスターベゼル
コンソールカップホルダーサテンメッキリングブラックメタリック塗装リング
フロントドアトリムパイピングオーナメント(メタルラッチ加飾)
フロントドアスイッチベース加飾サテンメッキブラックメタリック塗装
フロントドアスピーカーピアノブラック塗装(Harrierロゴ)
パターンコーディネーション
パネル加飾
表皮巻きピラー
ドアスカッフプレート(前席)Harrierロゴ(イルミ付き)Harrierロゴ無し
空調(S-Flow)・ハイブリッド(運転席集中)
・ガソリン(前席集中)
ヒーターコントロールパネル静電式ダイヤル式
ナノイーX
パワーバックドア○(ハンズフリー)

シート表皮

 ”Leather Package”はその名の通り本革仕様となります。

運転席オートスライドアウェイ

 “Leather Package”専用で、クラウンやレクサスにも装備されているおもてなし機能です。エンジンON時にステアリングとシートが電動でドライビングポジションにスライドします。イイ車に乗っている感覚になる機能です。

快適温熱シート&シートベンチレーションシステム

 こちらも”Leather Package”専用で、シートヒータ&ベンチレーション機能です。夏場冬場にとても重宝します

空調(S-Flow)

 左右独立温度コントロール機能の進化機能です。ガソリンモデルの前席集中は、ボタンをONすると後席への送風をSTOP、ハイブリッドモデルの1席集中は後席に加え、助手席への送風もSTOPし必要最低限の空調動力に絞ることで燃費を向上させる機能です。

 3代目ハリアーにはハイブリッドモデルに前席集中タイプのS-Flowが付いているのみでしたが、新型ハリアーではそれぞれ機能がアップグレードされました。

ヒーターコントロールパネル

出典:TOYOTA HP 左:ダイヤル式、右:静電式

 Zとそれ以外のグレードで大きな差があります。上の画像の様に、Zは静電式、それ以外はダイヤル式となり、圧倒的に静電式に高級感があります。

 正直ヒーターコントロールパネルのためにZにしても良いくらいです。ダイヤル式は操作性と言う観点では優れているのですが、RAV4と共通仕様である点が、ハリアーの特別感が得られないです。

 インテリアの質感を重視する方はZ一択ではないでしょうか。

まとめ:おすすめはガソリンZ”Leather Package”(2WD)

 いかがでしたか?新型ハリアーは価格帯が200万円後半(ほぼ300万)~500万円前半と非常に幅広いことが特徴です。その分購入層が分かれることになりますが、まとめると以下の様な方におすすめです。

  • ガソリンS(2WD) ⇒学生や社会人なりたて
  • ガソリンZ”Leather Package”(2WD) ⇒質感重視でコスパ最高
  • ハイブリッドG(E-four) ⇒走り、燃費重視

 最もおすすめは、ガソリンZ”Leather Package”(2WD)です。価格は税込¥4,230,000です。おすすめの理由は以下です。

  • ガソリンモデルのパワー不足はSPORTモードで補完できる
  • ガソリンモデルでも十分燃費が良い
  • ハイブリッドとの価格差は燃費の観点では基本的にペイできない
  • 街乗りがメインであれば2WDで十分(オフロードはRAV4に任せましょう)
  • ハリアーの最大の見所と言えるインテリアの高い質感を得られる

 兄弟車である同車格のRAV4 PHVや、トヨタのSUVについてはこちらでまとめています。

トヨタRAV4 PHVを買うべき6つのメリット!各グレードの価格や特徴は?  2019年4月に3年ぶりに国内市場へ戻ってきたトヨタのミドルクラスSUVのRAV4ですが、2020年6月にそのプラグインハイブリッド...
トヨタSUVのグレードや価格をまとめ!コンパクトからラージサイズまで徹底解説トヨタ自動車はSUVラインナップがとにかく充実しています。コンパクトSUVのライズから本格クロスカントリーのランドクルーザーまで様々な種類が用意されています。...

 新型ハリアーの購入を検討されている方にとって、参考となれば幸いです。