クルマと会話しながらあっと言う間に目的地?!トヨタのLQは先進的な電気自動車

クルマのこと

 トヨタ自動車は「新しい時代の愛車」を具現化したコンセプトカー「LQ」を発表しました。元々2017年1月に「TOYOTA Concept-愛i」としてコンセプトを発表している車ですが、今回改めて公表された形になります。

 このLQとにかくその近未来的なエクステリアに注目が集まりますが、見所はそこだけではありません。この記事では、LQはどんなクルマなのか?市販されるのか?など疑問点について解説していきます。

【LQとはどんなクルマ?】

 LQとはトヨタが発表した電気自動車で、航続距離は約300kmの様です。その特徴的なエクステリアだけではなく、AIエージェント機能やレベル4自動運転機能など、トヨタの先進技術を惜しみなく投入している車ですね。

 現段階での情報だと、市販の予定は無く東京オリンピックでのマラソンの先導や、送迎などに限定されるそうですが、今後こんなクルマを作っていくよ!というトヨタの意気込みを感じさせる1台に仕上がっています。

【AIエージェント「YUI」と会話が可能】

 LQの特徴の一つにAIエージェント機能である「YUI」があります。これはスマホなどのアプリで事前にユーザーの嗜好などをYUIに伝えることによって、クルマとあたかも会話ができるかの様な感覚にさせてくれます。

 ベンツなどの欧州メーカーは既にこれに近いことを実施していますが、トヨタもLQでAIエージェント機能に参戦ということになります。クルマと対話しながら楽しく目的地に到着、なんて今までに考えられないことでとても新鮮ですよね。ついにクルマもここまで来たか、というのが率直な感想です。

【自動運転レベルは4】

 AIエージェント機能と併せて注目の機能と言えるのが、レベル4相当の自動運転機能を携えていることではないでしょうか。自動運転レベルはユーザーが運転行為に関わる度合いに対してレベル分けされています。自動運転レベルについてはこちらも参照ください。

 いかがでしたか?AIエージェント機能に加えてレベル4相当の自動運転機能も付くことから、クルマと会話しながら目的地に到着することを実現するクルマと言えます。そんなクルマ今まででは考えられなかったことです。どんなクルマなのか非常に気になりますよね。東京オリンピックでの活躍をまずは期待しましょう。

タイトルとURLをコピーしました