生活のこと

弁護士検索サイト「交通事故解決ピット」は24時間無料商談が可能!過失割合など事例集も満載

 交通事故は起こす人、起こされる(巻き込まれる)、誰も得する人はおらず事故の大小に関わらず全員が不幸になります。

 大切な家族や車、物が失われることはとても悲しいことですよね。ですが、どれだけ当事者意識を持って日々留意しながら過ごしていても、100%防ぐことができないのが交通事故です。

 交通事故に遭うリスクを少しでも下げるためにはどうすれば良いか?万が一事故に遭ってしまった場合にどうすれば良いのか?正しい処置ができるのか?という不安が常に付きまといますよね。

交通事故の備えの重要性

 日本国内で一生の内で交通事故に遭う確率は30~40%程度と言われています(2015年における交通事故死者&負傷者数/人口より算出)。3人に1人は何かしらの交通事故に巻き込まれることになりますから、決して少なくない数字です。

 とは言え長い人生の中で本当に1度も事故に遭わない人もいるくらいですので、交通事故自体レアケースであることは間違いありません。

 要は、交通事故は決して他人事では無いが、一生で一度たりとも遭わない人もいるほどレアケースである、と言えるため、そもそも事故に遭った時のことを想定していない人も多数いると見られます。

 だからこそ、そんな一生で一度起こるかどうか分からない交通事故に、万が一遭ってしまった場合に、パニックになりどう対処して良いか冷静に判断ができず、正しい処置ができない可能性があります。

交通事故時想定されるトラブル

 交通事故時に想定されるトラブルとして、以下の様な事例が挙げられます。あなたならどう対処しますか?自身は車を運転しているシーンを想定します。

事例1

 あなたは、通勤中社宅の敷地から道路に出ようとした時に、道路の車に気を取られて、歩道を走る自転車に乗る高校生と接触してしまいました。心配になり慌てて駆け寄りましたが、「大丈夫!」という返事と共に、その高校生はそそくさと立ち去ってしまいました。

⇒このシーンではまず警察や会社に連絡を入れるべきです。後々事情を知った高校生の親から警察や会社に連絡が入り、思わぬ事態に発展する可能性があるからです。

事例2

 あなたはコンビニの駐車場で出発時に出ようとした時に、隣の車も同時に出発しようとしたところで、車同志が接触してしまいました。

 相手方と話をしてると、どうも車両保険に未加入の様です。こちらは一切動いていませんが、相手方は「証拠がない」とイチャモンを付けてきて話が通じそうではありません。

⇒このシーンでも警察に連絡することが第一ですが、その後の処理は保険屋同士で進めてもらうのが基本です。

 ですが、相手が無保険である場合は、直接話して解決するしかありません。このシーンでことを丸く収めることができますか?

交通事故で最悪の事態を回避するためにやるべき3つのこと

事故に繋がる行動を控える

 とにかく当事者意識を持って行動することです。常に不測の事態を想定した「かもしれない運転」を心掛けると良いです。

・小さな子供が飛び出して来るかもしれない

・横断歩道に立っている歩行者はこちらに気付いていないかもしれない

・対向車は無理に右折してくるかもしれない

など、「かもしれない運転」を心掛けることにより、自身の運転も徐行したり、様子見運転など回避行動を取ることが事故リスクを下げることに繋がります

車の安全装備を充実させる

 最近は各カーメーカも安全装備のニーズの高まりから、コンパクトカーや軽自動車でも驚くほど安全装備が充実しています。

 具体的には、歩行者検知による自動ブレーキや、クリアランスソナーによるアラーム等です。これらの車両にすることで、人の運転で不足している部分をカバーすることができます。過信は禁物ですが。

 また、トラブルという観点では、ドライブレコーダー(以下ドラレコ)を設置することも大きなポイントです。ドラレコにより万が一の事故時のトラブル解決のための重要な証拠を残すことができます。

 ドラレコの設置は、オートバックスなどで簡単に付けて貰えるため、取り付けてみてはいかがでしょうか。

あおり運転やもらい事故の時の必須アイテム!おすすめのドライブレコーダーは?  近年高速道路を中心として、あおり運転によるトラブルが社会問題となっています。  最近こそよくニュースで目にする機会が増...

交通事故処理の知識を身に着ける

 結局の所、自分の身は自分で守るしかありません。そんな時に物を言うのは「知っていること」に他なりません。

 事故に遭った時に、まず連絡のはどこか?けがをしている場合慰謝料はどうやって請求するのか?等、万が一の事態に備えて適切な行動を取るために備えておくことが重要で、時には弁護士など専門家に頼ることも必要になってきます。

万が一の時に弁護士検索サイト「交通事故解決ピット」がおすすめの理由

 それでも交通事故は0%に抑えることは不可能であることが現実です。交通事故の基礎知識や回避行動だけでは残念ながら十分な備えとは言えないのです。

 その場合はどうしても専門家に頼ることが必要となってきます。そこでおすすめするのは弁護士検索サイト「交通事故解決ピット」です。ここでは、特徴とおすすめの理由をご紹介します。

24時間無料商談が可能

 24時間365日無料商談が可能です。交通事故はいつ起きてもおかしくはありませんから、この点は大きなメリットではないでしょうか。

交通事故問題に詳しい弁護士を全国から探すことができる

 日本全国にネットワークがあります。そのため、国内どこでも弁護士への相談が可能です。

交通事故に関するコラムの掲載を行なっており、相談前に必要な情報収集ができる

 前項でご紹介しましたが、交通事故を回避すること、また万が一遭ってしまった時に適切な対処をするためには、ある程度基礎知識として持っておくことが重要です。

 交通事故解決ピットでは、よくある交通事故事例集が閲覧でき、事故発生から保険金受取までの対処方法などの流れを知ることができます。

 過失割合の決まり方や、示談・賠償の詳細など、知っておいて損は無いことばかりで、非常に役立ちます。

以下のリンクからHPを参照できます。

—————————————————————

「交通事故解決ピット」のリンク

詳しい情報は交通事故解決ピットでご覧になれます。

—————————————————————

 いかがでしたか?交通事故を起こさないという当事者意識を持って普段の行動をするべきですが、事故を回避するため、また万が一事故に遭った場合に交通事故解決ピットに頼ってみてはいかがでしょうか。