キャッシュレス

QUOカードPay(クオカードペイ)の使い方を解説!使えるお店や有効期限は?

 ささやかなギフトとして人気のQUOカード。アンケート謝礼やちょっとしたギフトとして用意する場合、その手軽さが売りですが、そんなQUOカードもついにデジタル化されました。

 この記事ではそんなQUOカードPayの使い方や使える店舗についてご紹介します。

QUOカードPayとは?

※引用元:QUOカードPay

 QUOカードPay(クオカードペイ)とは、スマホを利用して加盟店で手軽に買い物ができるデジタルギフトです。決済時は、スマホにバーコードを表示して利用します。

 QUOカードと聞くと磁器カードをイメージされると思いますが、QUOカードPayはそのデジタル版と言えます。

 登録の際にクレジットカード情報や、銀行口座情報などの個人情報が不要のため、安心して利用することができる特徴があります。

 ○○payが増えている中、QUOカードも磁器カードからQRコードに徐々に移行していくことになります。

QUOカードPayの使い方

 QUOカードPayはメールなどでURLを受け取ります。基本的な使い方は、受領したURLをタップし、レジでQRコードを提示⇒スキャンしてもらうことで決済が可能です。

 ここではQUOカードPayの使い方についてご紹介します。

アプリ無し

 発行元からURLを受け取り、URLにアクセスするとQRコードが表示可能なため、これをレジで提示します。

  • QUOカードPayのURL受け取り
  • URLで開く
  • レジで提示&スキャンしてもらう

アプリ有り

 QUOカードPayのアプリを使えば、複数のQUOカードPayを一括管理でき、有効期限の早いものから順に使うことができるので便利です。

QUOカードPayアプリをダウンロード

 App StoreでQUOカードPayアプリをダウンロードします。

QUOカードPayのアプリをダウンロードしたら、アカウントを作成します。

メールアドレスを以下の画面から登録します。

 メースアドレスを入力&送信すると、認証コードが送られてきますので、その認証コードをアプリで入力して登録完了です。後の手順はアプリ無しと同じです。

QUOカードPayで注意したいこと

 QUOカードPayでできないことを以下にまとめます。

磁器カード残高は移行できない

 「QUOカード」と「QUOカードPay」は別々のサービスとなるため、それぞれの残高の合算はできません。

QUOカードPayで購入できないもの

・公共料金や通信販売等収納代行サービス

・QUOカードなどのプリペイドカード

・切手、印紙

・その他QUOカードPay、取扱店が指定した商品など

 QUOカードPayで購入可能か、利用する店舗に確認した方が良さそうです。

QUOカードPayには有効期限がある

 QUOカードPayの有効期限は、バリューコード発行から3年です。それ以降は使えなくなりますので注意しましょう。

QUOカードPayはどこで使える?

 QUOカードPayに対応している店舗はまだまだ少ないですが、2019年12月31日時点で以下の通りです。

コンビニ

ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100

ドラッグストア

Vドラッグ、サンドラッグ、ドラッグトップス、薬王堂、ドラッグストアモリ

グルメ

吉野家、上島珈琲店、MELLOW BROWN COFFEE、UCC Cafe Plaza、お好み焼き 道頓堀、熱狂道とん堀、お好み焼き酒場 とり玉天国

ライフスタイル

博品堂、テラスモール松戸、東急ハンズ、ステフォレ

書店

TSUTAYA、有隣堂、誠品生活日本橋、大垣書店、文真堂書店、BOOKアマノ、谷島堂、草叢BOOKS、伊勢原書店、長谷川書店、Avanti Book Center/アミーゴ書店、三省堂書店、今井書店、戸田書店、ブックファースト、平惣、ヤマト屋書店、廣文館、天一書房、吉見書店、木下書店、富士書房、ブックスふかだ、本の森セルバ、田中書店、中村書店、岩瀬書店、BOOKSえみたす、メトロ書店、啓林堂書店

 この様にコンビニではローソンしか使えない一方で、書店で使える店舗が多く、図書カードの様な使い方になりますかね。今後増えて来るとは思いますが、実際のQUOカードに比べると、使い勝手はまだまだといった印象です。

 いかがでしたか?謝礼などで貰えたQUOカードもデジタル化が進み、スマホでQUOカードを使う時代になってきました。

 使えるお店もこれから増えてQUOカードPayが当たり前になりそうですね。