" >

" > 家庭用防犯カメラのおすすめは?ご近所トラブルや車、バイクへのいたずらをスマホで監視 | | 仕事とプライベートのある生活
マイホーム

家庭用防犯カメラのおすすめは?ご近所トラブルや車、バイクへのいたずらをスマホで監視

 一戸建てを購入すると基本的にはそこに一生住み続けることになります。

 しかし、いざ住んでみると「近所に変な人がいてトラブルに巻き込まれた」「治安があまり良くなく不審者目撃情報が多い」と言った悩みを抱える方も多いのでは無いでしょうか?

 近所の状況は戸建てを購入する段階では表面的な部分しか分からないので無理も無いと思います。少しでも安心して生活をするためにセキュリティ対策はしっかりやっておきたいですよね。

マイホームの防犯の手段は様々

 マイホームで「防犯」というキーワードで考えると以下の様な手段があります。

 これらはそんなに予算が必要ありませんので実施されている方も多いと思いますが、夜間灯は慣れてきますし、砂利はそこまで立ち入らないとそもそも効果がありません。

 そんな中セキュリティ対策の手段の一つとして家庭用の防犯カメラが、防犯アイテムとして最近注目されています。しかし、防犯カメラも種類やタイプが豊富で正直どれを選んだら良いか分からないと思います。

 この記事では、近所トラブルなどの悩みに応じたおすすめの屋外用防犯カメラをご紹介します。

こんな方におすすめの記事です

・駐車場での車やバイクのいたずらに悩んでいる

・住んでいる地域の治安が悪い

・近所に変な人が住んでおりトラブルの経験がある

・ストーカー被害に遭っている

防犯カメラの外観の種類

 防犯カメラの外観の種類については大きくバレット型とドーム型の2種類に分類されます。

バレット型

 円筒形や直方体の一般的なタイプです。その外見から防犯カメラと一目で分かる形をしていますので、抑止効果があります

 また、機能としてはある範囲をズームして撮影&記録することができます。

ドーム型

 カメラのレンズ部分がドーム型になっているタイプです。デザイン性が高く家の外観に溶け込み、一見すると防犯カメラと分からない形状です。なので車やバイクなどへのイタズラの決定的瞬間を捉えることができます

 特徴としては、広範囲の撮影が可能です。

防犯カメラの電源は有線とワイヤレスの2種類

有線

 防犯カメラ本体とレコーダーを配線で繋ぐタイプです。常時電源を確保出来ますので、安定して録画することが出来ます。

 駐車場や玄関の軒先など、屋外に設置する場合が多いと思いますので、建物から外に配線を出す必要があります。

 玄関のアプローチなどにライトを設置している場合は、そこから電源を分岐し確保しましょう。

ワイヤレス

 レコーダーからの電波を受信して録画するタイプです。余計な配線が不要である点が特徴です。

 しかし、裏を返せば電波の影響を受けやすいということですので、周辺機器を確認して設置場所を選定しましょう。

防犯カメラの情報取得方法

夜間撮影

 そもそもカメラは、被写体を画像として残すためにそれなりの明るさが必要です。防犯カメラも同じで、通常のカメラだと昼間の空き巣は撮影できても、夜間のいたずらは撮影できても真っ黒の物体が何となく動いているのが分かる程度で、「いたずらされた事実」しか分かりません。

 夜間撮影が可能なタイプは、赤外線を使って真っ暗でも被写体の特徴まである程度わかるレベルで記録できます。

動体認識

 動体認識機能は、文字通り動くものに反応してカメラが起動し、記録として残すことができるものです。

 メリットは不要な記録を避けることで、メモリの圧迫を防ぐことが出来ます。

悩みで決める!おすすめの防犯カメラ

ご近所トラブルやストーカー被害に困っている

 近所に変な人が住んでいてちょっと心配。。またはストーカー被害に遭っている。この場合、自宅や家族の防衛が目的になります。

 トラブルの決定的瞬間を証拠として残すために、ドーム型の様な外観的に目立ちにくく、確実に記録できるタイプがおすすめです。

ランキング1位(ドーム型):パナソニックBB-SC364

 少ない光量でもカラー動画撮影が可能です。デジタルズームにも対応しており最大24倍ズームが可能な高性能タイプです。かなり高額ですがワイドレンジ機能も付いているため、極めて万能な商品と言えます。

ランキング2位(ドーム型):パナソニックBB-SC384B

 こちらもわずかな光量でカラー動画撮影が可能です。最大288倍のズーム機能、ワイドダイナミックレンジ機能により明るさを補正して撮影することが可能です。こちらも高額ですが、画像の顔部分を明るく見やすく補正する機能が付いているなど、かなり高機能な商品です。

駐車場の車やバイクのいたずらで困っている

 駐車場に停めている車やバイクに対して、「タイヤの空気が抜かれていた」また、いたずらの範疇を逸脱していますが盗難に遭った、などの場合は、外観的にTHE防犯カメラと言え、抑止力のあるバレット型をおすすめします。

ランキング1位(バレット型):マスプロWHC7M2

 1920×1080のフルハイビジョン画質の録画撮影が可能な、モニターとワイヤレスカメラがセットになっております。暗くなるとオートで赤外線撮影モードに切り替わります。また、人感センサーを搭載しており、モニターやスマホに通知する機能も備わっています。

ランキング2位(バレット型):マスプロWHC10M2

 フルハイビジョン画質のカメラを搭載しており、鮮明に撮影できます。HDMI端子を使えば、テレビなどの外部モニターに映像を映し出すことが可能。こちらも夜間は赤外線モードに自動で切り替わります。

ランキング3位(バレット型):パナソニックVS-HC105-W

 インターネット環境やスマホが無くても使えるモニター付き屋外カメラです。他機器との電波干渉による通信障害が無く安定した通信が可能です。動体認識と人感センサーの2種類のセンサーを備えています。

 決定的瞬間を犯人に気付かれる事無く捉えたい!という方は、「目立ちにくく夜間撮影、動体認識が可能」であることが防犯カメラに求められるので、先程のドーム型でも良いと思います。

 また予算的に抑止効果だけ得られれば良い方は、以下の様なダミータイプがおすすめです。ダミーと言っても実際に電源が入っていて稼働しているかの様なタイプもあります。

ランキング1位(ダミー):YouKenn防犯ダミーカメラ(ソーラー充電機能付き)

 ソーラー充電機能付きのため、半永久的に充電が可能なタイプです。LEDで光続けるため一見するとダミーカメラだと判別ができません。

ランキング2位(ダミーカメラ):Co-Goodsダミーカメラ(ソーラー充電機能付き)

 こちらもソーラー充電機能が備わっています。

治安が悪い地域に住んでいる

 お住まいの地域が、住んでみると不審者目撃情報が多発している、なんてこともありますよね。この場合は抑止力のあるバレット型がおすすめです。

防犯カメラ本体があれば施工を依頼しよう

 防犯カメラを入手したら業者に設置を依頼します。防犯カメラの手配が面倒だ!という方は防犯カメラの購入と設置をセットでやってくれるプランがあります。

スターセキュリティ:設置工事込々プラン

防犯カメラレンタルプラン

 防犯カメラのレンタルもやっています。レンタルなので、実際に防犯カメラを設置して正式に導入することもできます。

 いかがでしたか?一戸建てを購入すると気になるのがセキュリティです。

 戸建てを購入すると長い間そこに住むことになるため、セキュリティ対策は万全にしておきたいですよね。この記事が少しでも防犯カメラ購入の参考になれば幸いです。