生活のこと

Apple WatchとSuicaの組合せが最強!使い方とメリットを徹底解説

 Apple Watch(アップルウォッチ)はその便利さ、スタイリッシュな見た目から、人気を集めています。特にキャッシュレス決済のデバイスとしても優れた機能を持っています。

 この記事では、その中でも特にApple Watchを購入する最大のメリットとも言えるSuicaとの組合せについてご紹介します。

Apple WatchでSuicaを導入すべき理由

出典:Suica HP

 Apple Watchで使えるスマホ決済として、Suica、Apple Pay、Quicpayがありますが、その中でApple Watchにしか出来ない使い方ができるのがSuicaです。

 ここではなぜSuicaとApple Watchの相性が良いのかご説明していきます。

Apple Watchをかざすだけで決済が可能

 コンビニで買い物をしたり、駅の改札を利用する際にSuicaを利用することができますが、Suicaの決済画面をApple Watchで開くことなく、かざすだけで決済が完了します。

 他のスマホ決済ではQRコードを準備したり、決済画面を開くなど1アクション必要になりますが、Apple WatchとSuicaはそのアクションすら不要です。

 この利便性の高さから、このためにApple Watchを購入する価値があると言える程、便利な機能と言えるでしょう。

iPhoneとの接続が切れていても使える

 GPSモデルだと、基本的にiPhoneと同時携帯が前提となる機能が多いですが、Suicaを使うことはApple Watchだけあれば可能です。

Apple WatchでSuicaを利用する上での注意点

Apple watchとiPhoneで同じSuicaは利用できない

 Suicaなどのウォレットアプリを利用する際は、同じウォレットアプリを同時にApple WatchとiPhoneで利用することはできません

 Apple WatchにSuicaを入れている場合は、そのSuicaをiPhoneでは使うことができませんし、逆も同様です。

バッテリ残量無し、省電力モードでは使えない

 SuicaはApple Watchがスリープ状態でも使える優れものですが、バッテリの残量が無い場合や、省電力モードでは利用することができません

 これは例えば駅で入場時はApple WatchのSuicaを使ったが、退場する前にバッテリ切れになってしまった場合は、退場できないことになります。

 こうなるとiPhoneに移して利用するか、駅員さんに問い合わせるしかありません

 Apple Watchの充電忘れにはくれぐれも注意しましょう。

Apple watchでのSuicaの使い方

iPhoneの「Suicaアプリ」で利用登録する

 まずiPhoneのSuicaアプリで利用登録しチャージします。利用登録には記名式の場合は、氏名、生年月日、性別、郵便番号が必要です。また、引落元のクレジットカード情報が必要になりますので登録しましょう。Suicaにチャージする場合、このクレジットカードから引き落とされることになります。

 登録が完了すると以下の様に残高が表示されます(2000円チャージされている状態)。

チャージは入金(チャージ)をタップすれば500~10000円の範囲で可能です。

iPhoneの「Walletアプリ」で決済方法を設定する

 「Suicaアプリ」で利用登録&チャージが完了したら、次は「Walletアプリ」で決済方法を設定します。

 Walletアプリを開き、Suicaをタップします。

 Suicaをタップすればあとはリーダーにかざすだけで決済が可能です。ただ、これだとスマホを出して決済画面を開く必要がありますが、スマホをスリープ状態でかざすだけで決済できる様にするためには、以下のエクスプレスカードの設定をオンにすれば可能です。

 WalletアプリでSuicaを開き、右上の設定ボタンをタップします。

下段のエクスプレスカードを「オン」にします。

 これでスマホを起動させること無く、かざすだけで決済が可能です。

Apple WatchでSuicaを使う

 Apple WatchでSuicaを利用するためには、スマホで「Watchアプリ」で設定を行います。Watchアプリを開くと以下の様な画面になります。

 まず「WalletとApple Pay」をタップします。

 iPhone上のほかのカードの項目でMy Suicaの「追加」を選択します。

 「カードを転送」の画面が出たら右上の「次へ」をタップ

 「Apple Watch上の支払い用カード」にSuicaが追加されていればOK。あとは、かざすだけ決済ができる様に、エクスプレスカードをオンにしましょう。

こんなあるあるシーンではどうすれば良いの?

iPhoneが故障してしまったら紛失手続きを取る

 紛失と同様の手続きにて救済措置を取りましょう。

クレジットカード付属のSuicaはApple watchに移行できない

 クレジットカード付属のsuicaはapple watchに移行できません別のsuicaをapple payに登録し、apple pay用に定期を購入する必要があります。尚、ビューカードでのチャージは可能。

乗り換えで切符がある場合、改札ではSuicaが先?

 例えば在来線⇒新幹線の乗り換えの場合は、新幹線改札で新幹線切符とSuicaのどちらを先に使えば良いのか分からなくなると思いますが、順番としては磁気切符⇒Suicaの順ですので注意しましょう。

apple watchに対応したiPhoneのバージョンは?

 Apple Watch Series 3 (GPS + Cellular) 以降は、iPhone 6 以降、 Apple Watch Series 3 (GPS) 以前のモデルは、iPhone 5s 以降で使えます。

 iPhone7よりより前のiPhoneではカードタイプのSuicaからの読み取りはできないので、Suicaアプリからアプリ内でSuicaを発行してApple Watchに転送することで使えるようになります。

まとめ

 まとめるとApple WatchでSuicaかざすだけ決済をするための手順は以下の通りです。

・「Suicaアプリ」で利用登録

・スマホ「Walletアプリ」で決済方法の設定

・スマホ「Watchアプリ」でApple Watchへ転送

 Apple WatchとSuicaの組合せはかざすだけで決済ができる、かなり手軽な決済方法です。一度やるとやめられなくなります。ぜひご検討されてみてはいかがでしょうか。

Apple Watch3でのApple Payの使い方は?仕組みや設定方法などを徹底解説!Apple Watchで利用することで、iPhoneを出す手間も省けたり、ジョギングなどのトレーニング時にスマホレスで買い物ができたりと、普段の生活をより便利なものに変えることができます。...
Apple Watch3で飛行機に乗る方法!Walletアプリで簡単手続き(ANA編)Apple Watchで飛行機(ANA)に搭乗する場合のポイントと注意点をまとめると以下の通りです。 ・skipサービスを利用 ・スマホすら出さずにスムーズに手続きができる ・手荷物預けや保安検査場ではWalletアプリを使う方法がおすすめ ・紙搭乗券発行済みや小さい子供(2歳以下)同伴時はApple Watchで搭乗できない...

 現在Apple Watch5が最新ですが、正直コスパを考えるとApple Watch3で機能的に十分です。

Apple Watch3(GPSモデル)38mmタイプ

Apple Watch3(GPSモデル)42mmタイプ

 Apple Watchはキャッシュレス生活で必須アイテムです。こちらも併せてどうぞ。

Apple Watch3(アップルウォッチ)でファミマやイオンで支払いをする方法Apple Watchは腕時計としての機能だけではなく、電車やバスに乗る際や、コンビニなどでの買い物でも使え、またそのスタイリッシュな見た目から、密かに人気を集めています。...
にほんブログ村