トヨタSUVのグレードや価格をまとめ!コンパクトからラージサイズまで徹底解説

クルマのこと

※画像はTOYOTA HPより引用

 トヨタ自動車はSUVラインナップがとにかく充実しています。コンパクトSUVのライズから本格クロスカントリーのランドクルーザーまで様々な種類が用意されています。

 この記事では、トヨタブランドのSUVの各グレードごとの価格や特徴をまとめましたので、ご紹介します。

【トヨタのSUVラインナップ】

 順に特徴を見て行きましょう。

ライズ(ダイハツはロッキー)

 ダイハツ工業は2019年11月に、新型コンパクトSUV「ロッキー」を発売しました。ダイハツ版TNGAともいえる一括企画開発思想のDNGA第2弾となるこのロッキー。トヨタブランドとしても「ライズ」という名前でダイハツからOEM供給を受け、同時に発売されました。

C-HR

 トヨタ自動車が製造&販売するコンパクトSUVです。マツダCX-3やホンダヴェゼルがライバル車となります。C-HRはその独特のデザイン性や安全装備などの充実さでかなり売れているSUVですね。

RAV4

 RAV4は初代の登場は1994年で国内もさることながら、北米を中心に全世界でかなりの売れ行きを誇っているグローバル戦略車です。AWD仕様は今回のRAV4の大きなセールスポイントである新開発の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を採用しています。

ハリアー

 現行モデルは価格帯は280万(ガソリン;エントリーグレード)~480万円(ハイブリッド;プレミアムグレード)と幅を持っていますが、込々で300万円程度でハリアーに乗れるとあって、購入層も幅広いです。激戦区のSUV市場にあって、かなり売れているモデルです。

 2020年6月にフルモデルチェンジ予定の新型ハリアーですが、エクステリア、安全装備などでグレードアップが期待されます。

ハイラックス

 ハイラックスはトヨタ自動車が製造&販売するピックアップトラックです。最大の特徴は何と言ってもその圧倒的な積載性にあります。単なる荷物が運べる車ではなく、スタイル、悪路走破性も魅力です。特別仕様のZ”Black Rally Edition”も注目のグレードです。

ランドクルーザープラド

 ラージサイズSUVです。SUVというよりは、山や川などの大自然を悠然と走ることができる本格的なオフローダーですね。車両価格は300万円後半~500万円で、価格としては決して安くはありませんが、居住性に優れた1台で価格以上の価値を得ることができます。

ランドクルーザー

 国産4WDの正に頂点に君臨しキング・オブ・SUVと言えるランドクルーザー。地球が滅亡してもランクルは生き残る、と言われる程耐久性の高さはピカイチです。

 その高い悪路走破性から、世界中の砂漠や河川、ぬかるみ、岩石路など様々な場所で活躍しています。

 いかがでしたか?トヨタ自動車が製造&販売することもあり、非常に品質が良く、海外ブランドのBMWやAudiと比較しても壊れにくいです。是非ご検討されてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました